どんなデバイスもBluetoothでワイヤレス化!しかもハイレゾ音質も楽しめるぞ!

どんなデバイスもBluetoothでワイヤレス化!しかもハイレゾ音質も楽しめるぞ!

どんなデバイスもBluetoothでワイヤレス化!しかもハイレゾ音質も楽しめるぞ!の画像

秋の夜長は動画やゲーム三昧! できることなら高音質のサウンドで迫力と共に楽しみたい。だけどやっぱり深夜となると少々気がひけますよね。ワイヤレスのイヤホンやヘッドホンに音声を飛ばす手もあるけど、手持ちの機器がBluetooth非搭載だったり、微妙な遅延や音質が気になってイマイチ楽しめなかったり。

こんなときに活躍しそうなアイテムを、クラウドファンディングサイト・GREEN FUNDINGで発見しました。デジタルアナログ問わず、あらゆる機器を最新ワイヤレス規格 Bluetooth 5.2対応デバイスに変身させるオールインワンLEアダプター「Nexum VOCE(ネクサム ヴォーチェ)」(本体+LE Audio USBドングルセット:1万1980円〜 10月23日現在)がそれ。この1台でどんな機器もワイヤレス化を実現、しかもロスレス/ハイレゾレベルのいい音で楽しめます。

この「Nexum VOCE」、平たく言えばDACアンプを内蔵したワイヤレストランスミッター&レシーバー。本体サイズは26×47×10mmで重さ10g、まるでUSBメモリーのようなミニサイズですが、なんとこの小さな筐体にDACアンプとトランスミッター、レシーバー、さらにマイク機能を集約させています。

Bluetooth非搭載の機器をワイヤレス化して使うためのトランスミッターやレシーバーはこれまでもあったけれど、最新Bluetooth 5.2に対応しているものはこれが世界初とのこと。

Bluetooth 5.2では、新オーディオ技術 “LE Audio”をサポートするため、例えば複数のデバイスにブロードキャストで同時に音声を送信できたり、ハイレゾ音源対応の新コーデック“LC3”により高品位な音声データを送ることが可能。さらに新機能として追加されたオーディオシェアリング機能によって、例えばスマホの音楽を友達と共有して楽しむこともできるように。

このような機能を、手持ちのデバイスを活用しながら実現できるのが、今回ご紹介する「Nexum VOCE」というわけです。

例えばPCのストリーミング音楽をアナログスピーカーで聴きたいときは、「Nexum VOCE」をふたつ用意してそれぞれをPCとスピーカーに接続し、「Nexum VOCE」をペアリングするだけで即座にワイヤレス化(もしくはスピーカーに「Nexum VOCE」を接続、PCに「Nexum VOCE」付属のLE Audio USBドングルを接続する形でもOK)。さらに単純にワイヤレスで音声を飛ばすだけではなく、ロスレス/ハイレゾレベルのいい音で楽しむことができるというわけです。

ワイヤレスでの音声通信は複数台との同時接続も可能だから、例えばタブレットで受信しているストリーミング音楽を、3台のアナログスピーカーで同時にロスレス/ハイレゾ再生させるなんてことも可能。

ほかにも、もともとアナログで組んだホームシアターシステム一気にワイヤレス化したり、映画やゲームを仲間と一緒に迫力の音声とともに楽しんだり。さらに外付けマイクを「Nexum VOCE」と繋いでワイヤレスでスピーカーに飛ばしたり、逆に複数の「Nexum VOCE」で集音したユーザーの声をひとつのPCに集約してライブ配信するといった使い方も。アイデア次第で無限に可能性は広がりそうです。

>>GREEN FUNDING「Nexum VOCE」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆iPadと「Apple Music」で超高音質「ハイレゾロスレス」を満喫する方法
◆最新コーデックでハイレゾ並みを実現したゼンハイザーの完全ワイヤレス
◆LDAC搭載、ハイレゾ対応、ノイキャン付きで1万990円ってコスパ高っ!

関連記事(外部サイト)