電波ソーラー搭載のフルメタルG-SHOCK×PORTERって豪華!

電波ソーラー搭載のフルメタルG-SHOCK×PORTERって豪華!

電波ソーラー搭載のフルメタルG-SHOCK×PORTERって豪華!の画像

G-SHOCK初のアナログ・デジタルコンビネーションモデルをフルメタル化した「AWM-500」シリーズに、PORTER(ポーター)とコラボした限定モデル「AWM-500GC-1AJR」(14万3000円)が登場。

この限定モデルには、時計をモチーフにデザインされた、マルっとしたフォルムが可愛らしいPORTER製の専用ケースもついてきますよ!

この時計を見て「懐かしい」と思った人も多いのではないでしょうか? ベースとなっているのは1993年に登場した“グラフ”と呼ばれる「AW-500G-1E」。G-SHOCK初のアナログ・デジタルコンビネーションモデル・AW-500シリーズの国内販売モデルで、文字板に描かれた耐衝撃グラフが特徴です。

フルメタル化され電波ソーラー搭載モデルとなっても、新旧両モデルの見た目は瓜二つ。文字板に書かれた国内販売モデルを示す「20BAR」の防水表示もそのまま、当時の雰囲気が甦ります。

ちなみに、新旧モデルをよ〜く見比べてみると針の位置に違いが。これは当時とはモジュールが異なるからで、新作となる「AWM-500GC-1AJR」は針がバランスよく中心に据えられています。

そして、PORTERコラボならではの専用ケースが付属するのも見逃せないところ。円形の専用ケースは、天面のレザーに箔押しされた耐衝撃グラフや、中抜きされた時分針と同じ形のファスナートップなど、時計をモチーフにしたデザインに。

ハンドルとショルダーストラップが付いているので、ケースを持ち歩くこともでき、中身を出せばポーチとしても使えそう。

発売は10月29日で、PORTER OMOTESANDOとPORTER OSAKA、吉田カバンオフィシャルオンラインストアにて販売予定。往年の人気モデル「AW-500G-1E」を持っていた人は、新しくなったグラフを再び腕にはめてみては?

>> PORTER

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆米特殊部隊と共同開発した時計をアウトドア向けにブラッシュアップ!
◆ビクトリノックスの名作時計「I.N.O.X.」を自分好みの“釣り仕様”で作ってみた
◆高級感まとうG-SHOCK「MT-G」新作はベゼルの構造が凝ってる!

関連記事(外部サイト)