音楽も通話もゲームも高レベル!AVIOTの最新フラッグシップが登場!

音楽も通話もゲームも高レベル!AVIOTの最新フラッグシップが登場!

音楽も通話もゲームも高レベル!AVIOTの最新フラッグシップが登場!の画像

日本人好みのサウンドと高いコストパフォーマンスで人気上昇中のオーディオメーカー、AVIOTから、現行フラッグシップモデル「TE-BD21j」をさらにバージョンアップさせた完全ワイヤレスイヤホン「TE-BD21j-ltd」(1万9800円)が登場、11?5?の発売に先駆けて10?26?より予約を受け付けています。

従来モデルの優れた音再現性を継承しつつ、新たにQualcomm社の次世代プラットフォーム“Snapdragon Sound”に対応。ハイレゾ品質の音源再?に対応するとともに、いっそうの低遅延と?品質通話を実現しています。

今回発売される「TE-BD21j-ltd」は、優れた音楽性と解像度で人気を集めたハイブリッド・トリプルドライバーモデル「TE-BD21j」の基本機能をベースに、性能面を大きくアップデートさせた完全ワイヤレスイヤホン。

最大のポイントはやはり、Qualcomm社の最新プラットフォーム“Snapdragon Sound”の搭載にあります。高音質コーデック“aptX Adaptive audio”に対応することで圧倒的な音解像度を実現、“Snapdragon Sound”対応のAndroid端末と組み合わせることで、96kHz/24bitのハイレゾ音源もワイヤレスで楽しむことが可能になります。

加えて32kHz aptX Voice対応によるクリアな?声通話や、システム全体での遅延の軽減も実現。高品位な音楽体験はもちろんのこと、動画やゲームなどあらゆるコンテンツを優れた音質で楽しめます。

またSnapdragon Soundへの対応にふさわしく、ドライバーも全面的にグレードアップ。バランスドアーマチュアドライバー2基+ダイナミックドライバー1基という基本構成は従来モデルと同じですが、バランスドアーマチュアドライバーにはよりワイドレンジな高品位ユニットを採用、ダイナミックドライバーにはPETチタンコンポジット素材に高密度パルプを貼り合わせたデュアルレイヤー振動板を搭載。振動板の軽量化とマグネットの強化により、応答スピードの向上にも成功しています。

通話時間は最?6時間で、連続再?時間は本体のみで最?9.5時間、ケース併?で最?45時間の再生に対応。ただしaptX、aptX Adaptive使用時には、2〜3割ほど再生時間が短くなります。

本体重量はイヤホン本体が??約5.7gで、充電ケースが約83.8g。サイズ感やデザインは「TE-BD21j」を踏襲するもので、イヤホンのローレット部には無垢のジュラルミンから削り出したパーツを採用、スライド式ドアがユニークな充電ケースにもジュラルミンを用いることで、さりげない高級感を演出、カラーはローズゴールドとドーンブルーのエレガントな2色を展開しています。

なおこの「TE-BD21j-ltd」をベースとした特別モデルとして、ロックバンド・凜として時雨のドラムス、ピエール中野氏とのコラボレーションモデル「TE-BD21j-ltdpnk」(2万6950円)も11月下旬〜12月上旬に発売予定。

こちらは同氏監修による徹底したサウンドチューニングとオリジナルデザインに加え、コラボモデル専用の特製ポーチ、オリジナルのボイスガイダンスなどが付いた特別仕様です。

>> AVIOT「TE-BD21j-ltd」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆木から生まれる癒しの音に耳を傾けたくなるビクターの完全ワイヤレス
◆音もデザインもカスタムできるV-MODA初の完全ワイヤレス
◆ちっちゃくて軽くて高コスパ!初めての完全ワイヤレスにピッタリです

関連記事(外部サイト)