フィット感抜群のBeats新作は指先ひとつでリスニングモードが変化

フィット感抜群のBeats新作は指先ひとつでリスニングモードが変化

フィット感抜群のBeats新作は指先ひとつでリスニングモードが変化の画像

日本では年明けの2022年初旬から発売予定のBeats by Dr. Dre(ビーツ・バイ・ドクタードレ)の新作完全ワイヤレスイヤホン「Beats Fit Pro ワイヤレスノイズキャンセリングイヤフォン」(価格未定)。

ニョキっと生えた特徴的なウィングチップは、何千パターンもの耳の形状を元に作成されており、硬いコアがガッチリと耳をホールドしつつも、柔らかな素材がしなやかに耳へフィット。激しく動いても外れず、スポーツやトレーニングなどのアクティブなシーンに最適です。

Beats史上最高のサウンドを支えるのは、高音域の歪みを抑えるカスタム設計のトランスデューサーとBeats独自のチューニング。その組み合わせによって、ダイナックかつバランスのとれたサウンドを実現しています。

アクティブノイズキャンセリング(ANC)機能を搭載し、外向き&内向きのふたつのマイクがノイズを拾ってしっかり打ち消します。その他にも、周囲に気を配りたい時のための“外部音取り込みモード”と、聴いている音楽や耳の形に合わせて低周波数と中周波数を自動調整してくれる“アダプティブイコライゼーション”を搭載。

これら3種類のリスニングモードは、イヤーパッドのbボタンを押すだけで簡単に切り替えられます。

また、iPhoneやiPadと接続した場合は、AppleMusicで空間オーディオを楽しむことも。頭の動きに合わせて音場を配置してくれるダイナミックヘッドトラッキングによって、自分が演奏の場にいるかのような臨場感のあるサウンドを味わえます。

なお、Androidとの接続にも対応しており、専用アプリでイヤホンの装着状態テストやリスニングモードの切り替えを行うこともできますが、Apple H1チップを搭載しているなど、やはり真価を発揮するのはiOSと接続した時。空間オーディオ以外にも、ワンタッチペアリング、イヤホンの装着状態テスト、iCloud 登録デバイス間での自動切り替え、オーディオ共有、“Hey Siri”へのハンズフリーアクセス、“iOS を探す”機能など、便利機能が充実。

その他にも、IPX4等級の耐汗耐水性能、光学センサーによる脱着検知、ノイズキャンセリング通話などを搭載し、連続再生時間はイヤホン単体で最大6時間、ケース併用で27時間(ANCもしくは外部音取り込みモードON時)。5分の急速充電で1時間の再生ができるFast Fuel 機能も備えています。

カラーはストーンパープル、セージグレイ、Beatsホワイト、Beatsブラックの4色。アクティブなシーンで使うiPhone用の完全ワイヤレスイヤホンを探している人は注目です。

>> Beats by Dr. Dre

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆イヤホン単体で20時間再生!重低音も魅力のオーテク完全ワイヤレス
◆名門オーディオブランドの音づくりを堪能できる完全ワイヤレスイヤホン5選
◆木から生まれる癒しの音に耳を傾けたくなるビクターの完全ワイヤレス

関連記事(外部サイト)