エドウインの原点とも言えるジーンズ「359BF」が限定復刻!

エドウインの原点とも言えるジーンズ「359BF」が限定復刻!

エドウインの原点とも言えるジーンズ「359BF」が限定復刻!の画像

日本のファッションブランド・エドウインが、創設60周年を記念して1963年に発売された国産初のデニム「359BF」を限定復刻しました。ラインナップは「ストレートデニム」(2万2000円/28〜36インチ)と、幻のGジャンといわれる「デニムジャケット」(2万7500円/S・M・L・XL)の2タイプ。

ジーンズにはじまり、今も続くエドウインのモノづくりスピリットを凝縮した珠玉の逸品が、60年の時を経たいま、蘇ります。

エドウインの前身となる常見米八商店が東京・日暮里で創業したのは、終戦から2年後の1947年のこと。米軍払い下げ衣料品の卸し業を営む中からジーンズに着目し、海外から輸入した中古ジーンズを補修しながら販売店へ供給していました。

当時の米国製ジーンズは大変高額であったため、「日本人の体型にあった、はきやすいジーンズを自分たちでつくる」という思いのもと、オリジナルのジーンズづくりが始まります。そして1963年、EDWINジーンズのプロトタイプ「359BF」が誕生しました。

「359BF」は、洗った後は直立するという伝説もあったほど丈夫でヘビーオンスなストロング・デニム。膨大なアーカイブ資料を紐解き、日本綿布と開発したオリジナル・セルビッジは、織りあげたままの 生機(キバタ)デニムを使用。履き込むごとにその風合いが増していきます。

初期に採用されていた濃いインディゴブルーはもちろん、他にはないカラーリングでエドウインのアイコンとなったレインボーカラーのセルビッジも見事に復刻。当時の風合いを忠実に再現しました。

ヒップボーンでモモにジャストフィットする、スソまでまっすぐなパイプドステムが特徴。ヴィンテージ感のある「359BF」ならではのストレートシルエットを残しながら、現在の標準体型に合わせてアレンジしています。

縫製糸には、履けば履くほど糸の退色などの風合いが増す綿糸を使用し、高強力・耐摩耗性に優れるエスコア糸を採用するなど、新旧をうまく織り交ぜたエドウイン独自のスタイルが取り入れられています。

また当時の流通量が少なく、オリジナルで入手するのは困難といわれる幻のGジャン「359BFデニムジャケット」も復刻。こちらもオリジナル・セルビレッジデニムを採用し、当時の仕様を忠実に再現しています。

>> エドウイン「ストレートデニム」「デニムジャケット」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆難燃デニムでフル装備なら焚き火をガンガン楽しめます!
◆デニムの聖地・児島の職人が手掛けるミリタリージャケット&パンツ
◆ジャージのような履き心地のデニムで仕事もキャンプも快適に!

関連記事(外部サイト)