イエナカ趣味時間を快適にする技あり掃除機4選【快適ラクチン趣味活モノ】

イエナカ趣味時間を快適にする技あり掃除機4選【快適ラクチン趣味活モノ】

イエナカ趣味時間を快適にする技あり掃除機4選【快適ラクチン趣味活モノ】の画像

【快適ラクチン趣味活モノ】
年々便利な機能が加わる掃除機。気が利く技あり機能を備えた最新モデルなら、さりげなくても確実に手間が減り、毎日の掃除がよりスムーズに。気分を一新して趣味の時間を楽しもう。
*  *  *
毎日の家事の中でも、なかなか手間を省けないのが部屋の掃除。ロボット掃除機も便利だが、高い場所や狭い場所は任せられない。となると、スティック掃除機の出番になるのだが、最近は吸引力や扱いやすさだけでなく、掃除の手間を確実に減らす機能を備えたモデルが登場。デジタル&家電ライターのコヤマさんも、こうした機能に注目している。

「ここ数年で各社が力を入れてきたパワーやバッテリー性能、軽量設計などの進化はひと段落した印象。代わりに取り回しの良さや面倒なひと手間を減らせる工夫が目立ち始めています。クリーンドックでゴミ捨てを楽にするパナソニックの新製品は、その代表例と言えるでしょう」

微細なゴミを見やすくするライトや、低い場所でも屈まずに掃除できる曲がるパイプの採用なども、ちょっとしたひと手間を軽減させてくれるもの。些細な改良に思えても、毎日のように感じる負担やストレスが減らせるのは大きい。

ロボット掃除機にも、専用ドックでゴミを収集できたり、水拭きに対応したりする便利なモデルが増え始めている。「多少面倒でもこれは仕方ない」といった諦めを確実に減らすための進化が、至る所に見え始めているのだ

デジタル&家電ライター
コヤマタカヒロさん

米・食味鑑定士の資格を有し、キッチン家電を得意とする家電ライター。特に男子目線での調理家電の選び方・評価・検証は信頼性が高い。このほかデジタル分野にも精通する

1. クリーンドック搭載でゴミ捨ての手間を大幅に軽減
パナソニック
「パワーコードレス MC-NS10K」(実勢価格:6万5000円前後)

掃除後のゴミ自動収集クリーンドックを備えたスティック掃除機。本体がスリムになったことで、本体重量が約 1.5kg、手元にかかる重量が約0.45kgと軽々扱えるところも特徴。

約20μmの微細なハウスダストまで検知する機能も備える。連続使用時間は最大約10〜15分。

ココが技あり!:紙パック式クリーンドックでゴミ捨ても清潔・簡単

2. 軽量設計&LEDライトで隅々まできっちりキレイに
日立
「パワーブーストサイクロン PV-BH900J」(実勢価格:9万9000円前後)

ヘッド部分に見えにくいゴミを浮かび上がらせるLEDライトを搭載したモデル。緑色と白色LEDの計7灯の光で、明るい部屋でも微細なゴミを確認しやすい。従来機種より約0.2kg軽量化し、毛が絡まりにくいブラシも採用。

連続使用時間は約8〜40分。アタッチメントを収納できるスタンド式充電台が付属する。
ココが技あり!:高速モーターでパワフル吸引

3. 場所に合わせて使い分けられる“曲がるスティック”とハンディ
シャーク
「EVOPOWER SYSTEM ADV FLEXモデル」(実勢価格:5万9950円前後)

スリムかつパワフルな吸引力を持つクリーナーの進化版。パイプが曲がる機構を備え、テーブルやソファの下など低い場所も楽々掃除できる。

ハンディタイプとしても利用でき、布団用ノズルなどアタッチメントも充実。付属のバッテリー2個を使った最大連続使用時間は約50分。
ココが技あり!:新型ヘッドがしっかり床に密着

4. ゴミの自動収集から床拭きまでお任せで部屋中きれいに
Roborock
「Roborock S7+」(16万9400円)

吸引掃除に加えて、水拭き機能と自動ゴミ収集ドックを備えたロボット掃除機。ドック部はサイクロン式と紙パック式の両方に対応し、最大60日分のゴミを集積可能。

高精度レーザーセンサーによるマッピング機能も搭載し、アプリ で履歴などを確認できる。連続稼働時間は最大約180分。
ココが技あり!:パワフルな水拭きで汚れも除去

 

>> 【特集】快適ラクチン趣味活モノ
※2021年11月6日発売「GoodsPress」12月号32-33ページの記事をもとに構成しています
<取材・文/高橋智>

 

【関連記事】

◆大きなゴミも余裕!ノズルがガバッと開くハンディクリーナーって新しいかも
◆シュッとしてるけどしっかり吸引!Sharkのクリーナーでもっと掃除したくなる!
◆スタンドに戻せば回転ブラシを自動でクリーニング!

関連記事(外部サイト)