薪割り、ペグ打ち、アウトドア作業ってグローブ着けてやりたいよね

薪割り、ペグ打ち、アウトドア作業ってグローブ着けてやりたいよね

薪割り、ペグ打ち、アウトドア作業ってグローブ着けてやりたいよねの画像

素手だと怪我をするような恐れがあるアウトドアや、DIY作業にはグローブって必須アイテムですよね。とはいえ、ペグ打ちやロープを結んだり、釘を打ったりネジ締めなどの細かい作業は分厚いグローブを装着したままだとやり辛く、結局、何回もつけたり外したりと意外と面倒。また、水や火を扱うことの多いキャンプでは、濡れたり燃えたするような素材も困ります。

そんなアウトドア作業のあるあるを解決する創業84年の老舗手袋メーカーのスワニーが開発したアウトドアグローブ「Elmer Joy」(6490円)が、東急ハンズ心斎橋店内Makuake Shopにて店頭販売開始しました。指先までしっかり動いて、火や水に強いので使い勝手抜群です。

「Elmer Joy」は厚さと丈夫さを保ちながら、細かい作業ができる関節のあるアウトドアグローブ。宇宙飛行士の船外活動にも採用された、“Flexor”パターンを元にした立体カッティングが施されています。

関節があり指をスムーズに動かしやすく、意外と細かな作業の多いテントの設営や片付けにピッタリ。ペグの扱いやロープワークで指を挟んだり、手を切ったりする危険からしっかりと手を保護。装着した状態でも、違和感なく作業を進めることができます。

グローブは難燃加工が施され、焚き火のようなキャンプ定番のシーンでも大活躍。薪を動かして火加減の調整するような、トングでは難しい場面でも簡単に作業をすることが可能。また、撥水加工も施されているので、水をはじき、灰や汚れがついてもサッと拭き取るだけでお手入れも簡単です。

素材にはスポーツ用のグローブにも良く使われている山羊革を採用し、指の関節部分の縫い目が当たって、ストレスにはならないよう外縫い縫製され、指の動かしはとってもスムーズ。適度な厚みと柔らかさ、高い耐久性で細かい作業でも使いやすく、使い込むほど手に馴染んでくるのを実感できるので、毎回、使うのが楽しみになっていきます。

キャンプ以外のシーンでは、細かい作業がたっぷりとあるDIYにぴったり。関節があるグローブなので指先までしっかり動かすことができ、わざわざグローブを外さなくても、簡単に小さなネジをつまむことができます。

サイズはS/M/L/XLの4種類。スリムなシルエットはアウトドアに限らず、街中でも使えそうですね。

>> スワニー

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆寒くてキーボードが打てない?大丈夫、充電式の洗える手袋ありますよ
◆ダイヤモンドの次に硬い「タングステン」の手袋がDIYにぴったり!
◆ひと目惚れ買いしても大丈夫!だってこの作業用手袋、超本格派だからね

関連記事(外部サイト)