ガレージにこもり“没入”!クルマいじりの愉悦【快適ラクチン趣味活モノ】

ガレージにこもり“没入”!クルマいじりの愉悦【快適ラクチン趣味活モノ】

ガレージにこもり“没入”!クルマいじりの愉悦【快適ラクチン趣味活モノ】の画像

【快適ラクチン趣味活モノ】
愛車のメンテナンスやカスタムといったいわゆる“クルマいじり” は、多くの専門誌が存在することからも分 かるとおり、時を忘れて没頭してしまうほどの魅力を備えている。そんなガレージライフを日々満喫している西野義行さんに、ハマる理由を聞いてみた。
*  *  *
ガレージで過ごす時間は、次の旅への助走区間です

棚の上の空き缶には、使い込まれた工具類と古歯ブラシが無造作に突っ込まれ、そばの灰皿には数本のタバコの吸い殻。ストックされたタイヤ類のほかに、さまざまな予備パーツやケミカル類が所狭しと並んでいる。クルマやバイク好きな人なら、西野義行さんのガレージを見て(あ、この人は乗り物いじりが好きなんだろうな〜)と共感するはずだ。

世の中にはこじゃれたインテリアで愛車を眺めるためのガレージもあるけれど、彼のガレージはその真逆。大切な愛車をグッドコンディションで走らせるため、整備に必要なツールを詰め込んだ “硬派な”ピットスペースと言っていいだろう。

ガレージの中には通勤・オフ ロード・ツーリングと、用途に応じたオートバイが3台も並んでいる。しかしオーナーの“寵愛”をほぼ独占しているのは、一番奧に置かれたスズキ・ジムニーだ。

高校生の頃からこの車種に憧れ、いつか手に入れたいと考えていた西野さんのもとに、知人を介してこのJA-11型がやって来たのは約17年前のこと。

オートバイで林道ツーリングも嗜んでいた西野さんは、「ジムニーで雪道を走ってみたい!」と購入直後にいきなり秋田・青森へのロングドライブに出発。冬の北東北の雪道をものともしなかったジムニーの走りっぷりに、絶大な信頼を置くようになった。それ以来ジムニーは、変わることなく彼の旅の相棒であり続けている。

「何とかなる、というところがジムニーの魅力ですね。とにかくタフで、無骨で丈夫。ちょっとくらい乱暴に扱っても全然へこたれない頑丈さが気に入ってます」

そしてジムニーが来てからは、旅のスタイルにも少しずつ変化が訪れる。じつはこのガレージには、たくさんの工具やケミカルに混じってシュラフやマットなどアウトドアギアも収納されているのだ。

「若いころは旅先でしょっちゅうキャンプをしてましたけど、当時は宿代を浮かせるための手段だったんですね。でもジムニーに乗り始めてからは、キャンプのためだけに出かけるようになりました。焚き火を楽しんだり星空を眺める時間が、旅の目的そのものになったんです」

そんな贅沢な時間を思い描きながら、ガレージで愛車の整備に勤しむ時間もまた楽しい。空気圧の確認など足まわりの点検だけではなく、ときにはダンボールを敷いて車の下に潜り込むこともあるという。さらに3台のバイクの定期的なオイル交換にブレーキパッド交換と、作業のタイミングが重なるとついついガレージにこもりがちだ。

「ガレージでクルマやバイクを いじるのも好きですけど、やっぱり好きなのはそれを使って旅に出ること。ガレージはそのための助走みたいなものですね」

この冬は草津温泉の定宿を久々に再訪してみたいという。それまでにジムニーに冬用タイヤを履かせなきゃ、と西野さん。彼がガレージにこもる日々は、もう少しだけ続きそうだ。

ハイヤー乗務員
西野義行さん

自宅1階の貸し駐車場に空きが出たこときっかけにガレージライフをスタート。クルマ1台・バイク3台の10輪生活を送りながら、仕事でも運転に携わっている

工具専門店の店長が太鼓判!ガレージライフ必携7つ工具
クルマいじりなどのガレージライフに切っても切り離せない絶対アイテムが工具。安全かつ効率よくメンテナンスするためにも、しっかりした工具を選びたい。そこで世界中の工具を取り扱う専門店、ワールドインポートツールズの樋口店長に、オススメの工具を選んでもらった。

World Import Tools 横浜店店長
樋口亮さん

世界中の工具を取り扱うWIT横浜店の名物店長。豊富な知識と軽妙なトーク術で、あらゆる工具に関して的確なアドバイスを送る。その人柄から店長と話すためだけに来店するファンも多い。YouTubeチャンネルでも活躍中!

 
1. 使うのが楽しくなるドライバー
WERA
「クラフトフォーム コンパクト スタビーマガジン2」(2915円)

グリップ部に各ビットが収納され、グリップエンドを引くとシャキーンとビットがお目見え。節度感の高い動きでついつい使いたくなるベラのビットドライバーセット。
2. 薄くて軽くて使いやすい!
STAHLWILLE
「片目片口スパナセット 13/5」(7920円)

レンチ類に絶対の自信を持つドイツ・スタビレーのコンビレンチ。片方がスパナ、もう片方がメガネレンチで、作業中に使い分けやすい。サイズは8・10・13・17・19mm。
3. トルクを管理し締め過ぎを抑制
KTC
「デジラチェ9.5SQ 12-60NM GEK060-R3」(2万1780円)

日本の工具メーカー京都機械工具のトルクレンチ。ボルトなどの締め付けトルクをデジタルで高精度にコントロールする。これによりありがちな“締め過ぎ”を防止する。
4. さまざまなシーンで大活躍
KNIPEX
「プライヤーレンチ ダーク・シャドウ」(8360円)

“モンキーレンチの進化版”と評価の高いクニペックスのプライヤーレンチ。グリップのカラーが定番の赤×青ではなくブラックなのは、日本限定版だからこそ。
5. 至れり尽くせりの品ぞろえ
SNAP-ON
「Blue-point 51pc 1/4dr ロープロファイル ラチェットセット」(1万6280円)

250mmのラチェットに4〜14mmのソケット、エクステンションバー、ユニバーサルジョイント、長短ビットなど、作業効率が一気に上がるスナップオンの満足セット。
6. サイズを間違えにくい
PB
「ホルダー付き レインボーレンチセット」(5808円)

1.5〜10mmまでのヘキサゴンレンチセット。華やかなカラーリングが特徴で、サイズをカラーで覚えやすいため「あ、コレ違う」といったサイズの間違いが少なくなる。
7. ガツンとやってもビリビリしない
HALDER
「スーパークラフト無反動ハンマーΦ40」(7040円)

ドイツ・ハルダーのハンマーで、ヘッド部に無数の鉄球が入っており、衝撃を吸収。対象物にロスなくパワーを伝える一方、反動を抑えるため手には衝撃を与えない。

>> 【特集】快適ラクチン趣味活モノ
※2021年11月6日発売「GoodsPress」12月号62-64ページの記事をもとに構成しています
<P62-63 取材・文/中田美幸 写真/山岡和正>
<P64 文/金子剛士(編集部)>

 

【関連記事】

◆板カットも釘打ちも不要!工具なしでも家具が作れるクリップ式DIYっておもしろい!
◆ヘッドを変えたら別ツールに変身!マルチ電動工具セットでDIY作業がはかどる!
◆あると便利!と思う工具がこの1本に!

関連記事(外部サイト)