風も通さず水にも強い、L.L.Beanらしいカラーのダウンジャケット

風も通さず水にも強い、L.L.Beanらしいカラーのダウンジャケット

風も通さず水にも強い、L.L.Beanらしいカラーのダウンジャケットの画像

ラニーニャ現象の発生などにより、例年よりも厳しい寒さが予想される今冬。寒さから身を守ってくれるダウンジャケットは、必要不可欠なアイテムです。

アウトドアブランドL.L.Beanから、今シーズンの新作として発表されたのは、水に濡れても断熱性能を失わない「Bean’s Down Hooded Jacket」(2万900円)。L.L.Beanらしいカラフルなデザインで、寒さの厳しい冬のアウトドアでも気分を盛り上げてくれそうです。

「Bean’s Down Hooded Jacket」に使用しているのは、650フィルパワーのハイテク中綿素材“ダウンテックダウン”。水にも強く、濡れても保温性を保てることが特徴の素材です。

表地にはソフトで耐水性、耐風性、通気性に優れたリサイクル素材を採用。快適温度はマイナス4度からマイナス32度までで、冬山でも最高のパフォーマンスを発揮してくれそう。軽量で着心地がいいのもうれしいポイント!

また、上身頃にはフリースの裏地がついているほか、フードと襟にも中綿が入っているので、活動していないときにも暖かく過ごすことができます。袖口は伸縮素材でバインディングされており、冷たい風の侵入もしっかりと防いでくれます。

ラインナップは、ワントーンの「Bean's Down Hooded Jacket」と、マルチカラーの「Bean’s Down Hooded Jacket, Color block」(2万900円)の2種類。それぞれ、メンズ・ウィメンズに分けて展開されています。

日常使いには、コーディネートを選ばない「Bean's Down Hooded Jacket」がおすすめですが、登山などのアウトドアフィールドでの使用には、視認性の高い「Bean’s Down Hooded Jacket, Color block」が最適。どこかレトロなマルチカラーは、アウトドアコーデの主役になってくれること間違いなしです。

「Bean's Down Hooded Jacket」「Bean’s Down Hooded Jacket, Color block」は、12月初旬より販売開始予定。本格的な寒さがやってくる前に、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?

>>L.L.Bean

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆ヘリーハンセンの新作ダウンは街にもフィールドにもよく似合う!
◆たしかな保温性と耐久性を持つアークテリクスのダウンフーディ
◆マウンテンハードウェアの歴史が詰まった名品ダウンジャケットを復刻!

 

関連記事(外部サイト)