ライト、ベル、スタンド付きの高コスパなクロスバイクで快適な自転車生活を!

ライト、ベル、スタンド付きの高コスパなクロスバイクで快適な自転車生活を!

ライト、ベル、スタンド付きの高コスパなクロスバイクで快適な自転車生活を!の画像

スポーツサイクルブランドのNESTO(ネスト)が発売している、ちょっとした街乗りからロングライドまで柔軟に対応してくれるクロスバイク“VACANZE(バカンゼ)”シリーズの「VACANZE1」(5万9400円)と「VACANZE2」(5万600円)に、2022年の新作モデルが登場。

両モデルとも5万円台のクロスバイクながら、ベルやリフレクタ、スタンドなどのパーツを標準装備。いちいちパーツを買い揃える必要はありません。

ふたつのモデルの大きな違いはギアの変速段数で、「VACANZE1」は道に合わせて細かな切り替えが可能な外装21段変速、「VACANZE2」はシンプルに操作できる外装7段変速を採用。なお、「VACANZE1」は制動力の高いシマノ製ブレーキを搭載しています。

いずれもフレームは軽量で高い強度を持つアルミフレームを採用。フレームのシートステーとチェーンステーを横扁平に加工することで、リア部が縦方向にしなって振動を抑える振動吸収機構の“FLEXOR(フレクサー)”を備えています。

また、タイヤ幅が太めの32C(32mm)なので安定感があり、道路のちょっとした段差でもひっかかることなく、スムーズに乗り越えることが可能です。

標準装備がしっかりしているのもうれしいところで、ペダル、ベル、リフレクタ、キックスタンド、空気入れ用のバルブアダプター、ライト(VACANZE1のみ)が付属。サイクルショップであれこれ選ぶ必要はありません。

別売のオプションパーツも充実しており、幅広の前カゴ「ワイヤーバスケット ワイドタイプ」(2750円)や、泥除けの「ロードバイク・クロスバイク用ハーフフェンダー」(3520円)などが用意されているので、自分の用途に合わせてカスタマイズすることもできます。

自転車のサイズはいずれも380mm(145~162cm向き)、440mm(160~175cm向き)、380mm(173~190cm向き)の3サイズが用意されており、子供から大人まで対応。

カラーは「VACANZE1」がホワイト、マットブラック、ブルー(440、500mmのみ)、 マットガンメタル(440、500mmのみ)、ライトパープル(380、440mm のみ)の5色。「VACANZE2」がホワイト、ブラック、レッド、マットダークブルー(440、500mmのみ)の4色となっています。

さまざまなライドに対応し、コスパも高い「VACANZE」シリーズの2022年モデル。来年から自転車通勤や通学をはじめる人や、ママチャリから乗り換えを考えている人にはピッタリのクロスバイクです。

>> NESTO「VACANZE1」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆5段変速のミニベロで街乗りをオシャレに快適に!
◆サドルバッグにボトルホルダーがあれば自転車の収納力も上がるよね
◆バッテリーをハンドル上に装着する電動アシスト自転車っていいかも!

関連記事(外部サイト)