finalのロングセラーイヤホンを完全ワイヤレス化!突出しない自然な音が魅力です

finalのロングセラーイヤホンを完全ワイヤレス化!突出しない自然な音が魅力です

finalのロングセラーイヤホンを完全ワイヤレス化!突出しない自然な音が魅力ですの画像

イヤホンの音作りには各メーカーのこだわりが反映され、低域や高域を強調する、いわば“派手な”音作りをするモデルも多数存在します。それに対し、“強調された帯域を作らない自然な音”を目指したのが、final(ファイナル)の有線イヤホン「E3000」。その狙い通り、純粋に音楽を楽しめるイヤホンとして高い支持を集め、定番イヤホンのひとつとして、ブランドを代表するロングセラーモデルに。

このたび、その「E3000」が待望の完全ワイヤレス化を果たし、「ZE3000」(final公式ストア価格:1万5800円)としてデビューしました。

 

有線イヤホンである「E3000」は、音響工学や音響心理学などの学術的な知見に基づいて、自然な音作りを目指して作られ、2017年に発売。オーディオアワードVGPでも10期連続で金賞を受賞するなど、お墨付きの高音質。

「ZE3000」では、その「E3000」を超える音質を目指し、ワイヤレスならではの難題をクリアしました。

今回発売した「ZE3000」は、IPX4の防水性能を搭載していますが、防水性のため筐体を密閉すると、低音が過多になる問題が発生します。これを解決するべく開発したのが“f-LINK(エフリンク)ダンピング機構”というもの。これにより、ベント(通気孔)なしでも内部の圧力が最適化。低音が過多にならないことで、バランスを取るため高音を強調する必要もなく、結果として自然なサウンドを実現。

もうひとつ問題となるのが、イヤホンのドライバーユニットで発生する音の歪みです。そこで、 高精度ドライバーユニット“f-Core for Wireless”を新開発し大幅に歪みを低減。イコライザーによる補正に頼らない自然な高音質を実現しています。

バッテリー性能は、連続再生最大7時間、充電ケースの容量込みでは最大35時間と、大容量。

コーデックは、ポピュラーなSBCやAACに加えて、遅延の少ないaptXにも対応。動画やゲームなどでの使用に最適です。

タッチ操作や、オートペアリング、片耳をケースに入れることによって自動で片耳モード(モノラル再生)になるなど、快適な機能も搭載。

カラーはブラックとホワイトの2色展開。イヤーピースは、抜群のフィット感とノイズアイソレーション性能を誇る「TYPE E 完全ワイヤレス専用仕様」が5サイズ同梱されています。

ワイヤレスならではの問題を、真摯に技術的に解決することで生まれた、自然できめ細かく、聴き疲れしない、アーティストの意図通りのサウンド。ぜひ一度、体験してみてください。

>> final「ZE3000」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆ドライバーもノイキャンもハイブリッド!コスパ抜群な完全ワイヤレス
◆フィット感抜群のBeats新作は指先ひとつでリスニングモードが変化
◆Web会議時はマイク装着!音質だって妥協なしな完全ワイヤレス

関連記事(外部サイト)