新年をめでたく彩る「福ものトミカ」は虎以外にも縁起物が勢揃い!

新年をめでたく彩る「福ものトミカ」は虎以外にも縁起物が勢揃い!

新年をめでたく彩る「福ものトミカ」は虎以外にも縁起物が勢揃い!の画像

新年を迎える準備から、年越しをしたくない仕事の処理など何かと慌ただしい年末。毎年のこととはいえ、この忙しさを何とか乗り切って、良い気分で新しい年を迎えたいものです。

そんな慌ただしい年末を乗り切った人へのご褒美になりそうな、新しい年の門出を飾るおめでたいミニカーが、タカラトミーのダイキャスト製ミニカー「トミカ」の新商品「福ものトミカ」(770円)として登場。12月29日より販売を開始します。日本らしさ、正月らしさを軸にしている「福ものトミカ」は、“初春トミカ”シリーズの8作目。縁起の良いものをモチーフとした、全6車種がラインアップ。

1970年に日本初の手のひらサイズの国産車ダイキャスト製ミニカーシリーズと誕生して以降、51年の間に累計1100種以上の車種を発売、累計販売台数7億台を突破したトミカ。そのトミカが新春向けアイテムとして、2013年より展開している初春シリーズの8作目が「福ものトミカ」です。

今回は2022年の干支となる“虎”(寅)をはじめとする、“鷹”や“龍”、“狛犬”、“招き猫”、“亀”といった縁起の良い動物をトミカで表現。その中でも“鷹”と“亀”はトミカでは初めて登場する動物となっています。

金運上昇や旅の安全願う縁起物の“虎”は、「三菱 ランサーエボリューションⅣ」で登場。虎柄の模様が真っ赤なボディに映えます。

空を飛ぶことから運気上昇の縁起物とされているトミカ初登場の“鷹”は、「ホンダ NSX-R」をチョイス。

長寿の縁起物として広く知られている“亀”は、「軽装甲機動車」で登場。亀の硬いボディや甲羅のイメージにピッタリ。ホイールはクリアパーツを使用することで海を表現しています。

その他、一筆龍をボディにデザインした“龍”がモチーフの「トヨタ GR スープラ」も。

また、“狛犬”の力強くしたどっしりとした姿をイメージした「ダイハツ ロッキー」。

優雅さや可愛らしさを表現した“招き猫”の「日産 フェアレディZ」と、どれも欲しくなる魅力的な全6車種が勢揃いとなっています。

マット塗装をベースに細やかな金の装飾を施した、通常のトミカとは違う風合いが魅力の「福ものトミカ」。縁起の良いデコレーションなので揃えて飾りたくなりますが、ブラインドパッケージのくじ形式なので、どの車種が出るかは運次第。とはいえ、どうせなら全台コンプリート目指したいところですね。
© TOMY
>> タカラトミー「福ものトミカ」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆愛車を美しくライトアップしてカッコよく飾ろう!
◆鉄道車両に変形するトランスフォーマーが復活!しかもTOMIXが全面協力だぞ!
◆ワイスピ、コナン、ナイトライダー!?「トミカプレミアム」新シリーズがめっちゃ気になる!

関連記事(外部サイト)