コスパ最高の技あり家電7選【Amazon&ネット通販 安くて良いモノ】

コスパ最高の技あり家電7選【Amazon&ネット通販 安くて良いモノ】

コスパ最高の技あり家電7選【Amazon&ネット通販 安くて良いモノ】の画像

【Amazon&ネット通販 安くて良いモノ】
ネットショッピングの醍醐味の一つが「新たな製品との出会い」。ひとたびショッピングサイトで検索すると、アイデア溢れる製品をはじめ、大手メーカーではお目にかかれない技ありアイテムがずらりと並び、閲覧するだけでも楽しくなってくる。

その傾向がとくに顕著なのが、キッチン家電だ。新興メーカーや中小メーカーがフットワークの軽さを生かしつつ、知恵を絞り搭載する付加機能は、まさに「目からウロコ」。大手メーカーには真似できない魅力がたっぷり。

例えばホットプレート。ある時は鍋として使え、またある時はたこ焼き器として。さらにはホットサンドメーカーとして使えるものがあるなど、一台で複数の役割をこなしてくれるものも。そこにあるのは、家電の「浪漫」だ。コスパ以上の価値があるこれら注目製品をとくとご覧あれ。

 
1. 必要に応じてケトルに、鍋に重宝すること間違いなし!
シロカ
「おりょうりケトル ちょいなべ SK-M251」(実勢価格:1万2980円)

普段は電気ケトルとして、いざ食事時には電気鍋として活用できる多機能ケトル。ヒーター部とケトルが完全に分離するため、ケトルは丸洗い可能。また、鍋モードでは指定した温度になるとブザーがなり、その温度を60分間保ってくれる。

 
2. 水を入れれば自動的に完成。「便利さ」ここに極まれり!
THANKO
自動カップ麺メーカー「まかせ亭」(実勢価格:5980円前後)

タンクに目安量の水を入れ、その下に蓋を開けたカップ麺を設置。時間を設定し、スタートボタンを押せば、アラームとともに自動的にカップ麺が完成するという超便利アイテム。お湯を沸かしたり、カップ麺にお湯を注いだりするのが超面倒! という人には最適だ。

 
3. ご飯1杯で角砂糖1.3個分の糖質をカット!
山善
「糖質を減らせるマイコン炊飯器 YJF-M30CC」(実勢価格:1万円前後)

付属の穴あき内釜を装着することで、茶碗1杯あたり角砂糖1.3個分の糖質をカットできる炊飯器。一台で通常炊飯、減糖炊飯、蒸し料理に対応し、「減糖」モードの場合は最大1.5合、通常炊飯では3合のご飯が炊ける。内釜は取り外して丸洗いが可能。

4. ひとり鍋にひとり焼肉も!これからの季節に大活躍
山善
「ホットプレート YHC-W600(1人用)」(実勢価格:3300円前後)

付属する鍋プレートと波型プレートを交換するだけで、鍋としても、通常のホットプレートとしても使える便利家電。さまざまな鍋はもちろん、焼肉、餃子、目玉焼きなどさまざまな料理をこなせるので単身世帯に最適だ。

 

 
5. 日用品が少なくなったら自動でネット注文してくれる
スマートマット
「スマートマットライトA4」(実勢価格:2980円前後)

お目当ての日用品の下に敷いておけば、「IoT重量スマートマット」が重量を自動計測。少くなったらAmazonで自動的に注文する。その数、Amazonの人気商品を中心に4000点以上に対応するスグレモノだ。

 
6. 閉じればホットサンド、開けばホットプレートに早変わり
プリズメイト
「グリルホットサンドメーカー」(実勢価格:8800円前後)

深めのプレートを採用することで、具沢山でボリューミーなホットサンドを調理可能。両面それぞれ独立して温度調節ができるので、ムラなくキレイに焼きあがる。180度開き、付属のプレートや蓋を活用すればさまざまな調理に利用できる。

 
7. ペットボトルを挿せば約2秒で熱湯が出る!
THANKO
「ホットウォーターサーバー mini2」(8500円前後)

カップ麺やインスタントコーヒーなど、ちょっとしたお湯が欲しい時に瞬時に供給してくれるのがこちら。1Lまでのペットボトルを本体に挿入できるほか、専用ホースを使えば、2Lまでのペットボトルに対応する。

>> 【特集】Amazon&ネット通販 安くて良いモノ
※2021年12月6日発売「GoodsPress」1-2月合併号22-23ページの記事をもとに構成しています
<文/GoodsPress>

 

【関連記事】

◆コロナ太りで気になるお腹…脂肪率から内臓脂肪、皮下脂肪まで測れるって
◆2Lペットボトルを挿せば温水・冷水がいつでも飲めます
◆マスクや下着などそれだけで洗いたい時に便利な小さな畳める洗濯機

関連記事(外部サイト)