全方位スキなし!万能時計にふさわしいボール ウォッチ「Mパイオニア」

全方位スキなし!万能時計にふさわしいボール ウォッチ「Mパイオニア」

全方位スキなし!万能時計にふさわしいボール ウォッチ「Mパイオニア」の画像

タフさと高い機能性を兼ね備えた、質実剛健な時計づくりに定評があるボール ウォッチから、次世代モデルの機械式時計「エンジニア M パイオニア」(39万6000円)が登場。

見どころはズバリ、今作から搭載された新開発の自社ムーブメント“Cal.RR7309-CS”。80時間のパワーリザーブ、日差−3秒〜+4秒内を誇る精度、2500ガウス(約200000A/m)の耐磁性を併せ持つ実用性を極めたムーブメントは、あらゆるシーンで正確な時を刻み続けます。

新ムーブメント“Cal.RR7309-CS”は、80時間のパワーリザーブを備えた“Cal.RR7309-C”をベースに開発。シリコン製のヒゲゼンマイを使っているのが特徴で、さらにUV-LIGA(紫外線露光による転写電鋳)プロセスで成型されたニッケル-リン製の脱進機を採用することで、高い耐磁性を実現しています。

時計にとっての耐磁性は、精度を狂わせる“磁気帯び”を生じさせないための重要な性能。特にスマホやタブレットなど、磁気を発するさまざまなモノに囲まれている現代社会においては、機械式時計に欠かせない要素です。

なお、4800A/mの磁場の中でも動き続け、±30秒/日差の残留効果が生じない場合に耐磁性があると定義されますが、新ムーブメントの耐磁性は約200000A/mというのだから驚き。また今作では、耐磁インナーケース(シャッター)を内蔵することなく、シースルーの裏ブタからムーブメントの動きを眺められるのも魅力のひとつです。

さらに新ムーブメント“Cal.RR7309-CS”は、高精度のムーブメントに与えられる“COSC 認定クロノメーター”をパスしており、日差−3秒〜+4秒内の精度も実現。その他にも、5000Gs(高さ1.0mから自由落下にて木の床に落とした時に受ける衝撃と同等の衝撃テストを実施)の耐衝撃性や、100mの防水性も備えています。

鏡のように光沢のある40mm径のケースは、傷に強く、耐腐食性にも優れた904Lステンレススティールを採用。腕にしっかりフィットするブレスレットにも同素材が使われています。

シックなマットブラックのダイヤルには、3時位置に拡大レンズ付きのカレンダーを配置。インパクトのあるアラビア数字のインデックスは、ボール ウォッチの代名詞ともいえるマイクロ・ガスライトを採用し、暗くなると針とともにクッキリ発光。グリーンとイエローの輝きによってガラッと印象が変化し、昼と夜のふたつの顔を楽しめます。

堅牢性、耐磁性、高精度、視認性など、時計に求められる機能がふんだんに盛り込まれた究極の実用性時計。一生モノの相棒として、迎え入れてみてはいかがでしょうか。

>> ボール ウォッチ「エンジニア M パイオニア」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆エベラールの技術の高さが光る横一列の“4眼クロノ”新作
◆南極の自然保護へ想いを込めたセイコーの1968ダイバーズ現代デザイン
◆SSブレスレットと上品顔がビジネスシーンにマッチするノモスの新作機械式

関連記事(外部サイト)