欲しい機能全部入りで6000円ちょいなんて超高コスパ!

欲しい機能全部入りで6000円ちょいなんて超高コスパ!

欲しい機能全部入りで6000円ちょいなんて超高コスパ!の画像

ノイズキャンセリング機能付きの完全ワイヤレスイヤホンも珍しくなくなってきましたが、まだ試したことがない人も多いのではないでしょうか。乗り換えたいと思っても、値段を見るとそう簡単には決断できませんよね。ただ、6000円ちょっとで本格的なノイズキャンセリング機能が味わえるとしたら?

SOUNDPEATS(サウンドピーツ)から登場した「Air 3 Pro(エア・スリー・プロ)」(6480円)は、最大35dBの高水準のノイズキャンセリング機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホン。さらに、高音質、ハイレゾ対応、低遅延、通話ノイズキャンセリングなど、今どきの完全ワイヤレスイヤホンに求められる機能がギッシリ盛り込まれています!

価格帯によって性能の善し悪しが出るノイズキャンセリング機能ですが、「Air 3 Pro」は同社のベストセラーモデルである「T2」を元に改良されており、より高いレベルでのノイズ低減を実現。

逆位相の波形でノイズを打ち消す“アクティブノイズキャンセリング”と、イヤホン自体の構造で遮音性を高める“パッシブノイズキャンセリング”によって、最大35dBのノイズキャンセリング効果を発揮します。

周囲の音が気になった時は、左側のイヤホンの表面を長押しするだけで「パススルー(外音取り込み)モード」へ切り替え可能。わざわざイヤホンを外さずに会話することもできます。

ただノイズキャンセリング機能が搭載されているだけでなく、その他の性能も充実しているのがこのイヤホンが超高コスパといわれる所以。音質にも相当なこだわりが!

ドライバーには大口径の12mmダイナミックドライバーを搭載。植物由来の繊維から生成されるバイオセルロース振動板がクリアな中高域を再現し、さらに全体が振動するフリーエッジを採用することで、振幅の大きい低中域もしっかり鳴らしてくれます。

また、コーデックはSBC、AAC、aptXに加え、ハイレゾ対応のaptX Adaptiveもサポート。音楽ストリーミングサービスのロスレス配信やハイレゾ配信も楽しむことも。

その他にも、遅延わずか60ms(0.06秒)のゲームモードや、相手にクリアな声を届ける通話ノイズキャンセリング、左右どちらか片方でも使える片耳モード、IPX4対応の防水性能(イヤホン本体のみ)などの機能が充実。連続再生はイヤホン単体で約6時間、充電ケース併用で約24時間となっています。

ノイキャンデビューにぴったりな超高コスパな完全ワイヤレスイヤホン。乗り換えや2台持ちを考えている方は要チェックです!

>> SOUNDPEATS

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆音ズレが明暗を分けるゲームユーザーに心強い!低遅延モード付き完全ワイヤレス
◆finalのロングセラーイヤホンを完全ワイヤレス化!突出しない自然な音が魅力です
◆カスタムイヤモニを完全ワイヤレス化!もちろん音質に全振りです!

関連記事(外部サイト)