ワンタッチでポンと広がるカーサイドタープってラクでイイ!

ワンタッチでポンと広がるカーサイドタープってラクでイイ!

ワンタッチでポンと広がるカーサイドタープってラクでイイ!の画像

ちょっと気が早いかもしれませんが、暖かくなってきたらフツフツと沸きあがってくるのがキャンプ熱。今年こそはカーサイドタープを使って流行りのカーキャンプや車中泊をしてみたいけど、「組み立てるのが大変そう」「何を買えばいいのかわからない」とあきらめてしまってはいませんか?

そこで紹介したいのが、クラウドファンディングでも注目を集めたOUTDOOR MAN(アウトドアマン)の「カラップ」(1万9800円)。折りたたみ傘のようなワンタッチタイプで、初心者でも簡単にカーサイドタープを設営することができます!

ユーザーの声を元に開発したという「カラップ」の一番の魅力は設営の楽チンさ。本体が折りたたみ傘のようなワンタッチタイプになっており、パっとタープを組み立てたら、あとは吸盤で車に貼り付けて地面に固定するだけ。少しコツは必要ですが、慣れればひとりでも5分ほどで設営することができます。

吸盤で貼り付けるので、車のサイズに関係なくさまざまな車種に取り付けることが可能。車体を傷つけにくいというメリットも。フライシートは約2000mmの耐水圧があるのでドシャ降りでも問題なし。縫い目にシームテープ加工が施されているので、雨漏りの心配もありません。

フライシートの内側にはシルバーコーティングによる遮光加工も施されており、UVカット率95%以上で紫外線をブロック、日焼けをしたくない人も安心。タープ内の温度上昇も抑えてくれ、夏のキャンプにも最適です。

タープを展開した時のサイズは横幅約220cm×奥行約240cm×高さ約200cmで、3〜4人で使うことができる広さ。いろいろなスタイルで設営できるのも魅力で、車の側面だけでなく、後方に取り付けたり、タープだけで独立して設置することも可能。

また、横幕を閉じてテントスタイルにすれば、着替えスペースとして活用することも。付属のキャノピーポールで屋根付きのリビングを作れば、スペースを広く使うことができます。

現在、公式オンラインショップにて予約を受付中。発送は2月下旬〜3月上旬頃を予定しています。車のトランクに積んでおけば、お花見や海水浴など、あらゆるところで簡単に自分だけのベースを作ることができ、ドライブに出かけるのがもっと楽しくなるはず。

>> OUTDOOR MAN

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆ロシアで使えるテントサウナなら暖かさは折り紙付きでしょ!
◆Snugpakの新作ソロ向けテント&タープでワイルドなキャンプしてみる?
◆撥水・防カビで張り方もアレンジ次第だからタープ入門にいい!

関連記事(外部サイト)