短距離ロードレースやトレーニング用に開発されたナイキの新作ロードレーシングシューズ

短距離ロードレースやトレーニング用に開発されたナイキの新作ロードレーシングシューズ

短距離ロードレースやトレーニング用に開発されたナイキの新作ロードレーシングシューズの画像

日々のランニングや短距離ロードレースなら、厚底シューズほどの高いクッション性はいらず、もっと接地感と安定性のあるシューズの方が走りやすい。そんなランナーのために、ナイキより最新のロードレーシングシューズ「ナイキ ズームエックス ストリークフライ」(1万9250円)がリリースされました。

「アルファフライ」や「ヴェイパーフライ」など厚底のイメージがあるロードレーシングモデルと?べて少し薄めのソールにすることで、軽くなり、推進?と接地感もアップしています。また、新開発のアウトソールが、あらゆる路面でグリップ力を発揮。5kmや10kmのロードレースやトレーニングに最適なモデルです。

ミッドソールには“ズームエックス”フォームを全面に搭載。ナイキで最軽量であり、柔らかく反発性に優れたフォームが、高いエネルギーリターンを生み出します。

ポイントは“PEBAX(ペバックス)”プレートを中足部のみに搭載していること。これにより、安定性と推進力のある走り心地を実現しています。また、アウトソールはランナーのデータに基づいて開発したジェネラティブ トラクション デザインを用いることで、さまざまな路?やコーナーなどでもしっかりとしたトラクションを発揮。

ソールは、他のロードレーシングモデルと?べて少し薄めに仕上げることで、地?との接地感を?めています。

アッパーには、透け感のある軽量なエンジニアードメッシュを採?することで、高い通気性と軽量性、快適なフィット感を実現。かかと部分には立体的なポッドをプラスし、サポート力を高めています。

このモデルに採用した、ホワイトをベースとしたカラーの名称を“プロトタイプ(試作品)”としたのは、ランニングシューズの開発において、アスリートと?緒にテストをするプロセスの重要性を表しているそう。

ソール内側には、プロトタイプシューズの番号である“17539-9”という数字をあしらい、アッパー外側にはオレンジアクセントカラーと共に推奨距離の“5km/10km”の文字をデザインしています。

2月よりNIKE.COMでナイキメンバー限定での販売を予定しているとのこと。今後は、追加のカラーも発売される予定だそうなので、そちらにも注目です。

>>ナイキ

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆運転好きなら「歩ける」ドライビングシューズで日常を快適に
◆マーチンの8ホールが虎のカモ柄!? これ思いのほかカッコいい!
◆特殊設計の3Dインソールが足から健康と姿勢をサポートしてくれます

関連記事(外部サイト)