青赤黄で彩られた文字盤がファンの心を熱くするタグ・ホイヤー×レッドブルF1

青赤黄で彩られた文字盤がファンの心を熱くするタグ・ホイヤー×レッドブルF1

青赤黄で彩られた文字盤がファンの心を熱くするタグ・ホイヤー×レッドブルF1の画像

1968年を皮切りに、フォーミュラ1とのスポンサー契約を途切れることなく続けてきたタグ・ホイヤーは、ファンのみならず、多くのF1ドライバーたちに愛用されてきました。

そんなタグ・ホイヤーが、2016年より公式パートナーおよびタイムキーパーを務めるレッドブル・レーシングと共同制作した新作「タグ・ホイヤー フォーミュラ1 クロノグラフ レッドブル レーシング スペシャルエディション」(23万6500円〜)を発表。レッドブル レーシングチームらしい大胆でカラフルなカラーに彩られたダイヤルに注目です。

2021年のワールドチャンピオンであるマックス・フェルスタッペンを擁するレッドブル・レーシングとタグ・ホイヤーの新コラボモデル「タグ・ホイヤー フォーミュラ1 クロノグラフ レッドブル レーシング スペシャルエディション」。目を引くのが、そのカラーリングです。

F1カーのコックピットからインスピレーションを得たという視認性の高いダイヤルは、サンブラッシュド仕上げを施した深みのあるブルーがベース。その外周にデザインされた目盛り表示や、6時位置の1/10秒を計測するクロノグラフカウンターには、鮮やかなレッドとイエローのディティールがデザインされています。

また、クロノグラフ中心の秒針のイエローと、クロノグラフカウンターの針のレッドが、デザインにアクセントをプラス。インデックスの5と7の上に描かれた、F1トラックのスタートラインを連想させるラインもポイントです。

2時位置のラウンドプッシャーを縁取るレッドのカラーも印象的。ダイヤルと同じく深いブルーのベゼルには、“SPEED”の文字がデザインされています。

ケースバックには、2社のロゴと共に「RED BULL RACING FORMULA ONE TEAM SPECIAL EDITION」の刻印も施されています。

この特別なモデルは、スポーティーな「ラバーストラップモデル」(23万6500円)と、エレガントな「ステンレススティールブレスレットモデル」(25万3000円)の2タイプをラインナップ。

ロゴ入り時計ケースとトラベルポーチを付属し、限定パッケージに収納しての発売です。

>> タグ・ホイヤー

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆土佐和紙のグラデ文字盤が美しい!エコ・ドライブ搭載の「ザ・シチズン」新作
◆もっともグランドセイコー“らしい”デザインと最新マテリアルが融合!
◆朽ちた感がたまらない!ニュアンスたっぷりの機械式ダイバーズ

関連記事(外部サイト)