クラシックの魅力を今に伝えるロイヤルエンフィールド「Classic 350」

クラシックの魅力を今に伝えるロイヤルエンフィールド「Classic 350」

クラシックの魅力を今に伝えるロイヤルエンフィールド「Classic 350」の画像

クラシックな雰囲気のグッズが好きな人なら、世界最古のオートバイメーカー・ロイヤルエンフィールドのバイクが気になっている人も多いのではないでしょうか。

クラシックなスタイルの「Classic 350」が新たに生まれ変わり、3月下旬から日本で発売されます。新しい「Classic 350」は、4つのモデルで9色での展開。中排気量車で力を発揮しているロイヤルエンフィールドだけに、分厚いラインナップです。

「Classic Chrome(クラシッククローム) 」(60万3900円)は、1950年代の英国車の雰囲気をそのまま継承しています。タンクバッジは、当時のロイヤルエンフィールドに付いていたタイプで、クロームメッキに映えますね。「Chrome Red(クロームレッド)」と「Chrome Bronze(クロームブロンズ)」の2色が用意されています。

続いて「Classic Dark(クラシックダーク)」シリーズ(60万600円)は、軽量化とデザイン性を両立するアロイホイールを採用し、現行車らしいスポーティな印象です。チューブレスタイヤでパンク対策も万全。「Stealth Black(ステルスブラック)」と「Gunmetal Grey(ガンメタルグレー)」の2色が用意されています。

 

ちょっと映画にも登場しそうなアーミースタイルな「Classic Signals(クラシックシグナルズ)」(58万3000円)は、イギリス軍に軍用バイクを供給していた歴史を記念して作られたシリーズ。「Marsh Grey(マーシュグレー)」と「Desert Sand(デザートサンド)」というモスキーな2カラーが気分を盛り上げます。

 

「Halcyon(ハルシオン)」(57万7500円)は、もっともリーズナブルながら、レトロクラシックな外観が魅力。スポークホイールはやっぱり雰囲気がありますよね。「Green(グリーン)」、「Grey(グレー)」、「Black(ブラック)」と、どこか英国風の雰囲気を醸す3色から選べます。

 

英国クラシックな雰囲気ながら、現代の技術を搭載し、パーツも手に入って安心。古いバイクに乗ってみたいという憧れを気軽に叶えられる一台になるのではないでしょうか。

>> ロイヤルエンフィールド

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆自動で開閉!未来感たっぷりなワクワクする電動バイク
◆パワフルで軽くなったトライアンフの大型アドベンチャーバイク「Tiger 1200」
◆125ccの新鋭現る!欧州から個性を放つバイクブランド「ZONTES」が日本上陸!

関連記事(外部サイト)