ワークテイストなG-Star RAW新作は「ダカールラリー」がモチーフ!

ワークテイストなG-Star RAW新作は「ダカールラリー」がモチーフ!

ワークテイストなG-Star RAW新作は「ダカールラリー」がモチーフ!の画像

デニムに限界はないという信念に基づき、デニムデザインの枠を広げるオランダのブランド、G-Star RAW(ジースター ロゥ)。ブランド最高峰といえるコレクション「Exclusives by G-Star Raw」より、2022年スプリングコレクションがリリースされました。

歴史あるラリーレイド「ダカールラリー」にインスピレーションを受けた新作は、厳しいレース環境に耐えうるパイロット(ドライバー)のユニフォームと同様の「エンデューロ」というディティールを取り入れたり、日本の最高級デニム生地を採用したりと、どれも個性的。デザインありきではなく機能への追求によって生まれたオリジナリティあふれるフォルムも魅力的なコレクションより、注目のモデルを紹介しましょう。

「E 24H TURTLE BOMBER」(7万7000円)は、折り畳んだマチを持つジッパー付きべロウズポケットを各所に配置。胸には両開きジッパー仕様で小さなフラップ付きポケット、ウエストには横方向にジッパーポケット、袖には3Dジッパーポケットを装備しています。袖口をタイトに閉じられるジッパー付きで、縦襟部分と裾は伸縮性をもたせているので体にフィット。

カラーは、砂漠の風景をイメージした柔らかなパステルカラーの淡いグリーン。100%リサイクルポリエステルを採用した細いストライプ構造のグログラン織りのオットマンファブリックを使用しています。

「E LIFEVEST 3D TAPERED PANTS」(7万7000円)は、ボンバージャケットと同素材、同系色のカーゴパンツ。サイドからバックまで大きく開くジッパーポケットがポイントです。膝下までゆとりのあるバギーフィットですが、バックジッパーで足首回りをタイトに絞ることができ、ロングブーツにも合わせられます。

ジャンプスーツ「E 72H CHOCHO LIFESUIT」(10万7800円)も、ジッパー付き、ペンコンパートメント付き、織りラベル付きなど多様なベローズポケットを装備。
リラックスできるルーズフィットですが、ウエストの織りベルトを絞ってシェイプしたり、袖ジッパーで袖口を閉じたりすることも。

「E POCKETONY SERVICE SHIRT」(2万7500円)は、日本製の最高級シャンブレー生地を採用した開襟シャツ。1950年代の豊田自動織機のアンティークなシャトル織機を使って織られた、8オンスのしなやかなセルビッジシャンブレーです。

フロントとバックにあしらわれた圧着パッチやグラフィックプリントがポイント。フロントに深いフラップポケットを備えています。ボタンホールを使って襟を完全に閉じることもできます。

同素材で作られた「E 3D DRAWSTRING PANTS」(4万6200円)の特徴は、両サイドにプリーツを入れ、3D効果を出してゆったりと仕上げた膝部分。裾の内側に搭載したドローコードを絞って足首周りにボリュームをプラスすることもできます。ウエストの内側にもドローコード付きです。

このほか、ウィメンズモデルも展開。個性あふれる「Exclusives by G-Star RAW」コレクションは直営店やオンラインにて発売中です。

>> G-Star RAW

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆品質と使い勝手にこだわったSnow Peak×TONEDTROUTの釣りアパレル新作登場
◆自転車好きのための機能性が充実したグローバルワーク発「Blintw」
◆カリマーからGORE-TEX素材を駆使した“究極のレインギア”登場!

関連記事(外部サイト)