国産メーカーの意地!アシックス「メタスピード」開発秘話【趣味な男の欲しいモノと秘密基地】

国産メーカーの意地!アシックス「メタスピード」開発秘話【趣味な男の欲しいモノと秘密基地】

国産メーカーの意地!アシックス「メタスピード」開発秘話【趣味な男の欲しいモノと秘密基地】の画像

【趣味な男の欲しいモノと秘密基地】
昨年0人だったシェアが今年は24人に――。ナイキにほぼ独占されていた箱根駅伝にアシックスが風穴を開けたシューズ「メタスピード」。その開発秘話を担当者に聞いた。

アシックス 竹村周平さん
トップモデル「メタスピードシリーズ」のプロジェクトリーダーを担当。そのシューズは東京オリンピックや箱根駅伝でも選手の足元を支え、ナイキ1強だったランニングシューズ界に風穴を開けた

 

 
■箱根駅伝で封じた“ナイキの独占”
シェア奪還――。ナイキに独占されたここ数年のランニング界に風穴を開けるためにアシックスが導き出した答え、それがランナーの走り方に注目し2モデルをラインナップした「メタスピードシリーズ」だ。ストライド型のランナーに向けた「メタスピードスカイ」、足の回転が速いピッチ型に向けた「メタスピードエッジ」の2つから自分に合うシューズが選択可能。シューズに走り方を合わせるのではなく、ランナーの走り方に寄り添ってくれる優しさは、国産ブランドならではのアプローチ方法だろう。メタスピードシリーズは昨年の東京オリンピック、そして今年行われた箱根駅伝でも多くの選手に選ばれて活躍。特に箱根駅伝では昨年アシックスシューズ使用者が0人だったが、今年は24人に増加。この数値は繊細なランナーのフィーリングにフィットするプロダクトができた証明といえるだろう。

悪くない滑り出しだと思えるが、プロジェクトを担当した竹村周平さんは「まだ満足していません」と話す。確かに10年ほど前を考えると、テレビに映るトップ選手の足元にはアシックスのロゴが光り、さらにマラソン大会を走る市民ランナーの大半がこの国産ブランドを信頼していた。それを考えれば「満足していない」のも納得できる。

 
▼ストライド型ランナーに適した設計
アシックス
「METASPEED SKY」(2万7500円)

 

■トップランナーに認めてもらえればいい
この最新モデルは、2020年1月、社長直轄の組織「Cプロジェクト」が発足し開発がスタートした。「C」は頂点の頭文字を表しているというから、アシックスの頂点を目指すプロジェクトに対しての意気込みが強く表れている。

「アシックスのシューズは幅広いランナーに向けたものが多いのですが、このシューズに関してはトップをとることだけ、トップ選手が記録を出すことだけを考えて作られました」

通常は1足のシューズを開発するのに大体2年ほどの時間をかけるが、今回は1年という短い期間。かなり急ピッチで開発が進められた。

行ったのが選手へテストシューズを渡してフィードバックをもらって改良を重ねること。いつもより種類を多く、しかし短期間でテストは行われた。

「今回気を付けたのは、とにかくトップ選手の声に耳を傾けることでした。社内にもフルマラソンを2時間30分を切って走れる走力をもったトップ市民ランナーがいます。彼らの感想も参考にしようと思っていましたが、実際に話を聞いてみると、本当のトップ選手とは全く逆の感想をもらうこともありました。今回はとにかくトップ選手の声を聞いて頂点を目指すシューズづくり。バランスのいいシューズづくりのためには、広く声を集める必要があるかもしれませんが、そうすると“丸い”フラットな印象のものができ上がります。今回に関してはその辺りの声をシャットアウトしたことで、トップランナーには認めてもらえるトガッたものができたと思っています」

このようにトップ向けのシューズがリリースされる一方で、市民ランナー向けのシューズもしっかり作られている。マジックスピード、ハイパースピードがこれにあたる。

「これらのシューズは、メタスピードシリーズのテクノロジーを継承しつつ、市民ランナーが履きやすい、履いてタイムを出しやすい、さらにはお求めやすい価格になっています」

ランナーのレベルやトレーニング方法に合わせて最適なシューズを提供する。細かいニーズに最適なシューズが多数あるのがアシックスの強み。トップランナーから市民ランナーに至るまで、全てのランナーへアシックスのシューズを。いまだ“満足していない”国産トップブランドの逆襲はすでに始まっている。

 
▼ピッチ型ランナーに最適
アシックス
「METASPEED EDGE」(2万7500円)

>> 【特集】趣味な男の欲しいモノと秘密基地
※2021年2月4日発売「GoodsPress」3月号54-55ページの記事をもとに構成しています
<取材・文/今雄飛(ミラソル・デポルテ)>

 

【関連記事】

◆竹細工技法“やたら編み”をアッパーで表現した隈研吾×アシックスコラボ
◆この派手なシューズ、実はアシックスの東京2020カラー作業靴!
◆前へ、前へ!と足がグングン進むアシックスのランシュー

関連記事(外部サイト)