ランチマットを兼ねた弁当用トートは簡易保冷機能もあって便利です

ランチマットを兼ねた弁当用トートは簡易保冷機能もあって便利です

ランチマットを兼ねた弁当用トートは簡易保冷機能もあって便利ですの画像

日中は暖かな日差しが感じられるようになってきた今日この頃。テレワークに疲れたら、お弁当を持って近場の公園でランチなんていかがですか。外の空気に触れるだけで、ちょっとした気分転換になりそうです。

これからの季節、プチピクニックや通勤・通学などでお弁当を持ち運ぶ機会が増えるなら、保冷剤が入れられるランチマットとトートバッグが一体になったお弁当用トート「サーモキーパーマット」(1980円)がおすすめ。サッと広げてすぐにランチタイムが楽しめる便利なトートバッグを紹介します。

トートバッグ専門ブランドROOTOTE(ルートート)から登場した「サーモキーパーマット」は、ベルクロテープをさっと開けば、お弁当用トートバッグがランチマットに早変わりする便利な逸品。ランチマットとトートバッグ、ふたつの機能を兼ね備えているので、これひとつで気軽にお出かけできます。

「サーモキーパーマット」のサイズは、W44×H44cm(広げた場合)、持ち手の長さは19cmです。広げると植物をモチーフにした北欧柄などが広がるうれしい4種(コットンフラワー、フラワー、リーフ、ストライプ)。ランチタイムを明るく華やかに彩ります。

このマットの特徴は、保冷剤用ポケットが付いている点。これなら長時間の持ち運びや夏場でも安心して使えます。通常の洗濯でOKなので、お手入れも簡単です。

気になる包み方は、こんな感じ。@内側のメッシュポケットに保冷剤を入れる AランチBOXをつつむ

B上部のベルクロテープで固定する C外側にあるカンガルーのお腹のような“ルーポケット”に箸やお手拭きなどを入れて準備完了。

さあ、お弁当を持って外に出かけましょう。

お弁当以外にも、飲み物やデザート類も一緒に持ち運びたい! そんな人には「サーモキーパーランチ」(2420円)がおすすめ。ドリンクボトルが横向きに入る大きさで、内側のメッシュポケットには保冷材を入れられるスペース付き。ホックを止めると宙づりに固定できる仕様なので、上下2層でスペースを使えて機能的。用途に合わせて使い分けると便利です。

外に出かけたくなるこの時期、お弁当を持っていくときはこんなトートがあると便利ですね。

>> ROOTOTE

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆弁当箱の大きさや形を気にせず包めるしランチョンマットにもなるぞ
◆容量たっぷり!保温・保冷も可能なハイドロフラスクの軽量ランチバッグ
◆ランチが楽しくなる弁当箱、その名も「SUPERHERO LUNCH BOX」!

関連記事(外部サイト)