32V型でフルHD! LGのスマートTVならコンパクトでも画質に妥協なし

32V型でフルHD! LGのスマートTVならコンパクトでも画質に妥協なし

32V型でフルHD! LGのスマートTVならコンパクトでも画質に妥協なしの画像

春からの新生活スタートに向けて、あれこれ家電をチェックしている人も多いこの季節。毎日見るテレビは断然画質重視で選びたいところだけれど、ひとり暮らしのコンパクトなリビングとなると設置できるテレビのサイズはどうしても限定されます。

「小さなテレビは、どうしたって画質もそれなり…」とがっかりしているあなた、ちょっと待った! LGエレクトロニクスから3月下旬発売の新製品「32LX7000PJB」(予想実勢価格:4万3000円前後)なら、手頃な32V型サイズでもフルハイビジョンの高画質が楽しめます。

一般に室内の広さに適したテレビ画面の大きさは、4.5〜6畳の部屋であれば24〜32インチ、8〜10畳なら32〜40インチが目安といわれています。実際ひとり暮らしや子ども部屋、寝室といったコンパクトな室内向けに、各社から32インチサイズのテレビが多数発売されていますが、ここでちょっと考えたいのが画質の問題。

国内で発売されている32インチの液晶テレビはコスパに優れる反面、多くはハイビジョン(1366×768)相当の解像度。「リビングに4Kテレビがあるからいいや」なんて割りきれる人はさておき、これ1台で動画もゲームも高精細に楽しみたいシングルライフとなると、やっぱり不満が残ります。もちろんコンパクトな部屋に大きなテレビもおけなくはないけど、他の家具の配置や画面との距離を考えると自ずからサイズは決まってきてしまう…。

そこでオススメしたいのがこの「32LX7000PJB」。幅736mm・奥行き180cm(テレビスタンド含む)と設置しやすいサイズながら、フルハイビジョン放送の精細な映像表現をありのままに楽しめるフルHD(1920×1080)に対応。サイズはコンパクトでも映像品質に妥協する必要は、もうありません。

プラットフォームにはLG独自の“webOS”の最新バージョンを搭載。YoutubeやNetflix、amazon prime videoなどおなじみのアプリももちろん利用可能。またAI搭載の高画質化技術“α5 AIプロセッサー”が再生中の映像コンテンツを分析、ジャンルに合わせて映像はもとより、サウンド品質まで自動で調整してくれます。

例えば大きな効果音やBGMを伴うような場面も、AIの自動調整で人物同士の会話がクリアに聞き取れるように。後日発売予定のマジックリモコンを使えば、リモコンに話しかけるだけで電源オンオフ、音量調整もできるようになりますよ。

このほか子ども部屋での使用を想定したファミリーケア設定では、視聴時間や音声ボリュームの制限も可能。視覚をケアするブルーライト抑制機能や、使用する部屋の環境に応じて明るさを調整する機能も搭載。ゲーム好きなら、nVIDIA社よりベータ版が公開されているクラウドゲームサービス「GeForce NOW」に対応している点も見逃せません。

>>LG

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆ケーブル一本でテレビの音を一変させるBoseのサウンドバー
◆手回し充電でラジオだけじゃなくテレビも観られる!一家に1台置いておきたい!
◆お気に入りの4Kコンテンツを無線でテレビに映し出せる!

関連記事(外部サイト)