強力ノイキャンと立体オーディオが付いたイヤホンなら没入感マシマシ!

強力ノイキャンと立体オーディオが付いたイヤホンなら没入感マシマシ!

強力ノイキャンと立体オーディオが付いたイヤホンなら没入感マシマシ!の画像

最大−40dBのノイズキャンセリングを、飛行機や電車などの雑音が大きなところではガッツリ強めに、オフィスなどの比較的静かなところではタイピング音などの気になる音だけを軽減するように、周囲の環境によってノイズキャンセリングのレベルを調整できる完全ワイヤレスイヤホンがXiaomi(シャオミ)から登場。

フラッグシップ機の最新モデル「Xiaomi Buds 3T Pro」(2万3800円)は、ノイキャンも音質もこだわって作られた、音楽をじっくり楽しみたい人にオススメなワンランク上の完全ワイヤレスイヤホンです。

ノイズキャンセリング機能には4つのモードが存在。電車などの騒がしい場面に対応する“ディープモード”、街中で適度なノイズキャンセリングを発揮する“バランスモード”、オフィスや自宅などの静かな環境で気になる雑音を処理する“ライトモード”に加え、周囲の騒音レベルをリアルタイムで検出して自動でモードを選択してくれる“アダプティブモード”を搭載しています。

シーンによってノイズキャンセリングのレベルを調整できるので、雑音をシャットアウトしつつも、周囲の人の呼びかけや、インターホンを聞き逃すことはありません。

また、外部音取り込みモードも搭載。イヤホンを付けたまま会話をする際は、音声の周波数をクリアにしてくれる“エンハンスボイスモード”に切り替えれば、雑踏の中でもスムーズな会話が可能です。

ドライバーは、2個のネオジウム磁石と高硬度DLC(ダイヤモンドライクカーボン)振動板を備えた、超高感度の10mmダイナミックドライバーを搭載。スタジオレベルのチューニングも施されており、クリアな高音と迫力のある低音を響かせます。

コーデックはハイレゾ相当のLHDC4.0をサポート。さらに、360度さまざまな方向から音が聴こえる“ディメンショナルオーディオテクノロジー”、いわゆる空間オーディオにも対応しており、家にいながらコンサート会場気分を味わうことも。

その他にも、2台の機器と接続できるデュアルデバイス接続、クリアな会話ができる通話ノイズキャンセリング、IP55等級の防塵防水、ワイヤレス充電などの機能を搭載。連続再生時間はイヤホン単体で最長約6時間、充電ケース併用で最長約24時間となっています。

カナル型のイヤホンは高級感のある洗練されたデザインで、カラーはカーボンブラックとグロスホワイトの2色を展開。

周囲の環境に応じてノイズキャンセリングを調整できるから、通勤時や仕事中、家での音楽鑑賞など、完全ワイヤレスイヤホンを使う機会が多い人にもオススメです!

>> mi「Xiaomi Buds 3T Pro」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆3000円台で低遅延&防水で長時間使用も可なんて高コスパ!
◆マジ軽い25g!しかも骨伝導!防水性能まで備えたワイヤレスイヤホン
◆耳じゃなくて肩に乗せる「ショルダースピーカー」で臨場感ある重低音を!

関連記事(外部サイト)