気分をアゲてくれるレジャー&アウトドアバッグ5選【グッとくるカバン大賞】

気分をアゲてくれるレジャー&アウトドアバッグ5選【グッとくるカバン大賞】

気分をアゲてくれるレジャー&アウトドアバッグ5選【グッとくるカバン大賞】の画像

【グッとくるカバン大賞】
春の訪れとともに人気が高まる“レジャー”や“アウトドア”といった外遊び。最適なバッグ選びでは、軽量性や収納力などの機能性はもちろんのこと、気分をアゲてくれるキャッチーさも重要な選考基準となっている。

スタイリスト 山田昭一さん
アウトドアの魅力を幅広い世代に伝えるスポークスマンとして雑誌や広告、動画コンテンツなどでも引っ張りだこ。アウトドア歴19年

 

 
■レジャー&アウトドア部門
【ベスト・トレッキング賞】
1. ビギナーからベテランまで幅広く対応するスタンダードモデル
日帰り登山など、ちょっとしたアクティビティに活躍するバックパック。長時間背負っても疲れないフィット感は間違いないですね! キャンプ時にはボタンを外した状態でバッグのように使うのもオススメです。骨の折れる薪運びのときなんかに、とても重宝しますよ。(山田さん)
THE NORTH FACE
「テルス 25」(1万8150円)

EVAフォームとメッシュで構成された背面パネル&成形ショルダーで、通気性とフィット感を高めたテルスの最新版。軽量性と耐久性のバランスをアップデートして利便性を追求すると同時に、リサイクル素材を使用するなど環境保護へも配慮。H50.5×W30×D18cm

 

【ベスト・コンフォータブル賞】
2. 追求したのは背負い心地。長時間移動も軽く・疲れず
シンプルな外見なのに、アルミフレームが付属した本格スペックが嬉しい。快適な背負い心地が続くので、小旅行などにも活躍します(山田さん)
MOUNTAIN HARDWEAR
「Mountain Light 28」(2万2000円)

3シーズンの登山に必要な機能を網羅した中型バックパック。背面はチムニー構造で通気を促すと同時に、吸湿メッシュのパッド部分で快適な背負い心地が味わえる。さらに専用のレインカバーも内蔵。容量は28リットル。2022年春に発売予定だ。H48×W26×D29cm

 
【ベスト・プレゼンス賞】
3. サイズ感とカラーリングでこれ以上ない存在感を漂わす
収納アイテムでは珍しい90年代的なカラーリングに周囲の視線も集中。テントサイトや車に置くだけで存在感を発揮してくれます(山田さん)
Topo Designs
「MOUNTAIN GEAR BAG」(1万9580円)

今季の新作の1つでもある「MOUNTAIN GEAR BAG」は、キャンプやアウトドアシーンでの使用を前提にデザインされた大容量コンテナと鮮やかなカラーリングのコンビも可愛らしい。容量48リットル。H41×W50×D28cm

 
【ベスト・ダイバージョン賞】
4. 冷蔵庫代わりになるコンテナ。濡れたギアもそのままでOK
ギアから食材までざっくり収納できるソフトコンテナは、車に積んでおけばマルチに大活躍。ターポリン製で、お手入れもカンタン(山田さん)
POLeR
「POLER SOFT MULTI-CONTAINER」(1万4080円)

防水性を持つターポリン素材のおかげで、氷や保冷剤を入れてクーラーボックスとしても使える大容量ソフトコンテナ。外周にはカラビナループを装備し、対する内部は面ファスナーで調節できる仕切りを活用することで、細かな荷物にも対応。H30×W60×D36cm

 
【ベスト・レトロ賞】
5. 古き良き時代を想起させるレトロデザインがいま新鮮
クラシカルな見た目と、ポケットとボディ内側にあしらわれたプリントに一目ボレ。荷物の出し入れで開けるたびにテンションがアガリます(山田さん)
KELTY
「70TH ANNIVERSARY WING」(1万9800円)

さまざまな用途で使える大容量デイパックは、古き良き時代のディテールを備えたブランド生誕70周年のアニバ―サリーコレクションから。フロントと両サイドに荷物の出し入れが容易なサブ収納を設置し、限定デザインのカラビナループも付属。H51×W29×D17cm

>> 【特集】グッとくるカバン大賞
※2022年3月4日発売「GoodsPress」4月号94-95ページの記事をもとに構成しています
<取材・文/TOMMY 写真/田中利幸>

 

【関連記事】

◆リュックに見えて実はお弁当バッグ!ちゃんと保温保冷仕様ですよ
◆ゲリラ豪雨もなんのその!雨対策バッチリなリュックで安心な通勤を
◆THULEの新作ビジネスリュックはシンプル顔なのに中がスゴイんです!

関連記事(外部サイト)