人気アウトドア&バッグブランドの新作ビジネスリュック5選

人気アウトドア&バッグブランドの新作ビジネスリュック5選

人気アウトドア&バッグブランドの新作ビジネスリュック5選の画像

テレワーク、リモートワーク、ハイブリッドワークetc 呼び方はいろいろありますが、会社だけでなく自宅や出先などさまざまな場所で仕事をすることが珍しいものではなくなりました。

ノートPCなど仕事に必要なモノをバッグに入れ、どこでも仕事ができるようにしておく。そんな人も多いのではないでしょうか。そうなると、仕事道具を快適に持ち運べるバッグが必要になります。

ノートPCをはじめデジタルデバイスの出し入れや収納がしやすく、さらに重くなった仕事道具を負担なく持てる。そんな、今の仕事カバンに求められる機能を備える、そしてビジネスシーンにも馴染む、アウトドアやバッグブランドのビジネスリュックの新作を5つご紹介します。

 

1. スーツに似合うレザー&薄マチ

仕事道具はほぼノートPCのみという人なら、そこまで大容量のバッグは必要ありません。であれば、薄型がいいかも。ace.の「エグザック レザー」は大きなサイズでも厚さ約10cm、小さいサイズは約8cmという薄型のスクエアリュックです。ガバッと大きく開く構造で、内装はシンプル。必要最低限のモノしか持ち歩かないといった人にはピッタリです。またレザー製でシンプルなデザインは落ち着いた雰囲気があり、スーツにも似合います。

>> まるでドキュメントケースのような薄さ!デジタル時代のビジネスリュックです

 
2. 機能的で高コスパ

人気アウトドアブランド、コールマンもビジネス向けのバッグシリーズを手掛けています。それが「アウトビズシリーズ」。ノートPCやガジェット類、書類などを出し入れしやすい構造で、かつシンプルなデザインが特徴なのですが、特筆すべきはコスパの高さ。メインコンパートメントがひとつのスリムな「アウトビズバックパックスリム」は、なんと1万800円。もちろんアウトドアブランドらしい背負い心地の良さなどがありつつ、この価格はうれしいですよね。

>> コールマンのビジネス用リュックは機能的なのに1万円ちょっとと高コスパ!

 
3. 使いやすさが魅力

数多くのトラベルバッグを手掛ける北欧ブランド、THULE(スーリー)からは、縦持ち(リュック)でも横持ち(ブリーフケース)どちらでも使いやすい「Thule Accent Convertible Backpack」が登場。内部のポケットが、どちらの場合でも出し入れしやすくなっています。また内装は明るめのブルーなので、探している荷物が見つかりやすいこともポイントです。

>> THULEの新作ビジネスリュックはシンプル顔なのに中がスゴイんです!

 
4. デジタルデバイスをしっかり保護

Appleの公式パートナーブランドとして一躍人気ブランドとなったIncase(インケース)。たしかに、シンプルなデザインと使いやすさを追求した機能性は、Apple製品と親和性がありますよね。そんなIncaseの新作は、見た目に重くなりすぎない落ち着いたトーンのネイビーが目を引く「A.R.C. Commuter Pack」。デジタルデバイスをしっかり保護する内装と多くの仕事道具をすっきり入れられる収納力、そして大きめのマイボトルも余裕で入るサイドポケットなどが特徴です。

>> シンプルデザインに機能性を詰め込んだIncase「A.R.C.コレクション」の新色ネイビーが登場

 
5. アウトドアバッグの背負い心地をビジネスシーンに

登山用バックパックが有名なアウトドアブランド karrimor(カリマー)からも、ビジネスシーンにぴったりのバッグが登場しています。容量20Lの「commuter S」は、アウトドアブランドらしい背負い心地の良さに加えて、内部にはケーブルを通せるオーガナイザーパネルが付いているなど、日常使いのことも考えられた仕様になっています。落ち着いたブラックの外観は、スーツにもビジカジにもしっくり馴染んでくれること間違いなしです。

>> オールブラックのカリマー新作バックパックはビジネスにもハマる!

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆オンでもオフでも使える!機能的でシンプルデザインなリュック5選
◆悪天候でも気にしない!水に強い新作アウトドア系シューズ5選
◆新生活に向けて用意してみない?最新マイボトル5選

関連記事(外部サイト)