ミレニアム・ファルコンにXウイング!スターウォーズの乗り物80種類を並べてみない?

ミレニアム・ファルコンにXウイング!スターウォーズの乗り物80種類を並べてみない?

ミレニアム・ファルコンにXウイング!スターウォーズの乗り物80種類を並べてみない?の画像

映画初公開の1977年から現在に至るまで世界的に人気の映画『スター・ウォーズ』。緻密に練り上げたストーリーと世界観、個性的なキャラクターに加え、斬新なデザインの宇宙船や戦闘機もファンを魅了しています。

5月24日より隔週で刊行するデアゴスティーニ・ジャパンの「スター・ウォーズ スターシップ&ビークル・コレクション」(創刊号特別価格:990円/第2号以降通常価格:2990円)は、『スター・ウォーズ』に登場するスターシップやビークルを忠実に再現したダイキャストモデルが毎号付属。マガジンとともに映画の世界に浸れる、ファン待望のパートワークです。

毎号一台付属するダイキャストモデルは、全長15cm超え(モデルにより変動)で、細部まで忠実に再現。

創刊号では『スター・ウォーズ』を象徴する“ミレニアム・ファルコン”が同梱され、以降も“Xウイング・スターファイター ブラック・ワン”や“インペリアル・スター・デストロイヤー”、さらに“AT-AT ウォーカー”や“デス・スター”など、ファンおなじみのスターシップやビークルが登場します。

マガジンは毎号3章立てで『スター・ウォーズ』の魅力を徹底解説。性能や仕様、劇中でのサイズなど、その号に付属するダイキャストモデルのさまざまな情報を紹介する「スターシップ&ビークル コレクション」、各艦船をカテゴリー別に分類した図解ガイド「スターシップ&ビークル ストーリー」、そしてスターシップやビークルとともにキャラクター自体も掘り下げていく「クルーたちの横顔」が掲載されます。

号を重ねるごとに知識と理解が深まっていき、全80号入手時にはいつでも情報を取り出せる“スター・ウォーズ大百科”が完成。

さらに、創刊号〜第30号まで購読すると「レイのスピーダー」が、第31号〜60号まで購読すると「X-34 ランドスピーダー」のダイキャストモデルがもらえる特典も。

最終号が手元に届くまで3年超え、総額もなかなかですが、全80体のダイキャストモデルと深い知識が得られることを思えば、価格以上の価値がありそうです。「スター・ウォーズ スターシップ&ビークル・コレクション」で、スター・ウォーズマニアへの第一歩を踏み出してみては。

>> デアゴスティーニ・ジャパン

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆めっちゃデカいぞ!レゴで作るスター・ウォーズ「AT-AT」は高さ約62cm!
◆マイカーが帝国軍に!ドラレコをスター・ウォーズ仕様にしてみない?
◆こんなC-3PO見たことある?スター・ウォーズとバービーのコラボフィギュア登場

関連記事(外部サイト)