リーボック「クラシックレザー」コラボモデルのテーマは"宇宙空間”と"異世界探検”!

リーボック「クラシックレザー」コラボモデルのテーマは"宇宙空間”と"異世界探検”!

リーボック「クラシックレザー」コラボモデルのテーマは"宇宙空間”と"異世界探検”!の画像

リーボックとマレーシア発のファッションレーベル・FUTUREMADE STUDIO.(フューチャーメイド スタジオ)とのコラボシリーズ第2弾となる「Voyage-79F」シリーズが登場。

リーボックの「CLASSIC LEATHER LEGACY AZ(クラシックレザー レガシー AZ)」をベースにした「CLASSIC LEATHER LEGACY AZ GZ0742」(1万3200円)は、宇宙旅行への憧れが白熱した1970年代のいわゆるレトロフューチャーなデザインを取り入れた、懐かしくも新しい一足です。

マレーシアの独立系ファッションレーベル・Futuremade Studioとのコラボは、昨年にリリースしたインスタポンプフューリーに続く2回目。

新モデルのベースモデルとなった「CLASSIC LEATHER LEGACY AZ」は、80年代にリリースされた「AZTEC II」と「CLASSIC LEATHER」の特徴的なディティールを融合させた今トレンドのレトロランニングモデルで、アッパーの30%以上にリサイクル素材を採用しているのも特徴。Futuremade Studioの掲げる“持続するデザインのモノ作り”という理念ともマッチしたモデルです。

“異世界の探検”をテーマにした「CLASSIC LEATHER LEGACY AZ GZ0742」では、レザーとスエードをレイヤードした柔軟なタッチのアッパーに、濃いグレーや薄いグレー、ブルーやグリーンなどを配置し、70年代の宇宙空間のイメージを融合させたカラーリングを採用。

宇宙開発が盛んになり、数々のSF映画が作られた70年代の空気感をまとった、ビンテージ感あふれる一足に仕上げられています。アッパーに記された“FUTUREMADE STUDIO”のロゴと、バックステーに配置された“FTMD.”の文字がコラボの証。

レトロとモダンを兼ね備えたデザインは、あの頃を知る年代には懐かしく、若い世代には新しく感じられること請け合い。レトロランニングモデルらしい落ち着いたトーンがベースになっているので、幅広いコーデにマッチしそうです。サイズは23.0〜31.0pの展開で、リーボックストアやオンラインショップなどで4月30日より発売です。

>> リーボック

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆ソール内を空気が動いて散歩が快適なリーボック!しかも8800円と高コスパ!
◆1983年発売モデルを忠実かつ現代的に復刻したリーボック「クラシックレザー」
◆見慣れたアイコンや記号を探してみて!「配送」がテーマのリーボック新作シューズ

関連記事(外部サイト)