工具、キャンプギア、釣具etc アメリカ生まれの無骨なツールボックスを趣味の道具箱にしてみない?

工具、キャンプギア、釣具etc アメリカ生まれの無骨なツールボックスを趣味の道具箱にしてみない?

工具、キャンプギア、釣具etc アメリカ生まれの無骨なツールボックスを趣味の道具箱にしてみない?の画像

北米市場でトップシェアを誇るプロ用電動工具ブランド・DEWALT(デウォルト)のツールボックス「TOUGHSYSTEM(タフシステム)2.0」シリーズから、引き出しタイプの「2段チェスト」と「トレー」が登場。プロショップ及びアウトドアショップ、ホームセンター、オンラインショップなどで5月中旬に発売となります。

プロ仕様の人気ツールボックスだけに、頑丈さや使いやすさは折り紙付き。タフな仕事の現場だけに限らず、キャンプや釣りなどアウトドアにも重宝する、本格的なツールボックスです。

「タフシステム2.0」は2021年の10月より順次発売された、デウォルトの新世代ツールボックスシリーズで、今回は新たに引き出しタイプの「2段チェスト」と、2種類の深さがラインナップされた「トレー」が新たな仲間として追加されました。

「2段チェスト」(1万6500円)は、その名の通り2段の引き出しタイプ。引き出しにはスムーズな開閉を実現するため、ボールベアリング式スライドが採用されており、同シリーズのキャリーやラッキングシステムに装着したまま、手早く道具の出し入れが可能です。

また、ボックス同士を重ねて連結できる“ワンタッチスライドサイドラッチ”が搭載されているので、一緒に持ち運んだり重ねての収納にも便利。

 

「トレー」(大:1650円/小:2200円)は2種類の深さの異なる2種類をラインナップ。どちらもタフシステム2.0シリーズ(第1・第2世代対応)のスタンダードボックス、ツールキャリアなどに対応しています。

ボックス上部のアタッチメントに装着したり、トレー同士を連結することも可能。収納力のアップや、道具の出し入れをスムースに行うことができます。

サイズの道具の収納や運搬に便利で、プロの現場で耐えうる高い機能性と頑強さを持つタフシステム2.0シリーズ。仕事の現場で使用することはもちろん、キャンプや釣りなどの趣味のシーンでも活躍すること間違なし。頼りになる道具箱として、そろえてみると気分がアガりそうですね。

>>DEWALT「TOUGHSYSTEM 2.0」シリーズ

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆この無骨さがカッコいい!工具ブランドのホイール付きクーラーボックス
◆廃棄タイヤを再利用!タフなギアコンテナでキャンプ道具を持ち運べ!
◆使えばDIY達人感が出る!? 防水・防塵かつ高耐久のプロ仕様ツールボックス

関連記事(外部サイト)