トヨタのカスタムブランド「モデリスタ」仕様のセイコー誕生!

トヨタのカスタムブランド「モデリスタ」仕様のセイコー誕生!

トヨタのカスタムブランド「モデリスタ」仕様のセイコー誕生!の画像

セイコーウオッチの中でも、機能・品質・デザインのトータルバランスを重視するユーザー向けに開発されている、セイコーセレクション。さまざまなブランドとコラボレーションを行っており、多くのラインナップが登場しています。

新作は、トヨタ自動車のカスタマイズブランド・MODELLISTA(モデリスタ)とのコラボレーション。「MODELLISTA Special Edition」全3機種(4万9500円〜5万5000円)が、5月27日に発売となります。

MODELLISTAは、トヨタカスタマイジング&ディベロップメントが運営するカスタマイズパーツのブランド。トヨタ/レクサス車をさらにスタイリッシュかつ実用的にするためのカスタマイズを提案しており、ベース車両を際立たせながらも、モデリスタらしい個性的なデザインを生み出しています。

「MODELLISTA Special Edition」は、モデリスタのデザインフィロソフィーである“Resonating Emotion 〜響感の創造〜”を基に、感性に訴求するデザインとなるよう共同開発された製品です。

ダイヤルにはMODELLISTAのブランドカラーであるグリーンの差し色を施して、スポーティさとスタイリッシュさを演出し、さらにモデリスタのロゴも。ルミブライトの塗装をインデックスではなくダイヤルへ円周状に施すことで、大胆さも表現。

また時針と分針は、モデリスタの特徴的な矢じり形状のクロームパーツをイメージし、視認性の向上とデザイン性を両立。インデックスも同様に、押し出し感のある矢じり形状の立体的なパーツを採用し、時針・分針と合わせて時計の表情にアグレッシブさを加えています。

時針と分針にもルミブライト塗装を施していますが、ダイヤル部分の塗装とは異なる色にすることで、モデリスタのデザインフィロソフィーの“Emotion”を表現。ダイヤルはクラシックな格子模様をベースにして、デザインフィロソフィーのもうひとつの側面である“Resonance”を表しています。

モデルはソーラー充電機能を持つ「SBPY171」「SBPY173」(各4万9500円)と、電波修正機能を持つ「SBTM331」(5万5000円)の全3種類がラインナップしています。

>> セイコーウオッチ

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆素材とデザインがソリッドさを際立たせるセイコー アストロン「NEXTER」
◆日本の美意識を“桜隠し”で表現するグランドセイコー「44GS」記念モデル
◆銀座のランドマーク「和光の時計塔」90年を記念したグランドセイコー

関連記事(外部サイト)