キャンプにも防災用にも!変わったカタチのウォータータンクは使い勝手抜群!

キャンプにも防災用にも!変わったカタチのウォータータンクは使い勝手抜群!

キャンプにも防災用にも!変わったカタチのウォータータンクは使い勝手抜群!の画像

キャンプの際にあると便利なアイテムがウォータータンク。料理や手洗いなどで水が必要な時にもいちいち水場に移動せずに済むため快適にキャンプを楽しめます。

そんなウォータータンクにちょっと変わった新作が登場。アウトドア&トラベルギアの新ブランド・QAMAR(カマル)の「QAMAR MULTI WATER TANK」(3993円)は、多角形デザインが目を引くウォータータンク。このカタチ、ちゃんと意味があるんです。

八角形に近い多角形のタンクには、蓋が大小ひとつずつ配置されています。

どの面を底にして置いても安定する設計で、水を入れる際は大きな蓋を開け広口を真上にしておけば水が入れやすく、運搬時はハンドル面を上にするように持ち運べます。

ウォータージャグとして使う時は小さい蓋をオープン。付属する「QAMARオリジナルウォーターコック」を小口に装着すれば蛇口を開閉するように水が利用できます。

広口のほうは手が入る大きさで、タンク内を洗いやすいところもポイント。常に衛生的に保ちやすいだけでなく、ウォータータンクとして使う前にキャンプ用品を中に入れておき持ち運ぶという使い方もOK。

容量は10〜13Lで女性でも持ち歩けるサイズ感で、アウトドアでの使用にも十分な容量です。

また防災グッズとしても利用可能。一定量の食材を常に備蓄しておくローリングストック用のフード保管容器としてもピッタリ。500mlのペットボトル12本も入れられるので、いざという時に持ち運べば、被災時に断水した際の給水が始まる目安である3日間の水(1日2L換算)を確保できます。

カラーバリはカマルブルー、フォレストグリーン、サンドベージュの3色展開。横置きでスタッキングできるよう、タンクの両サイドに凹凸の溝が付いており、家族の人数分を用意して積んでおいても崩れにくくなっています。

素材には、環境に配慮した新素材ナノグリーンを配合し、燃焼時のCO2を70%削減するなど、機能面やデザインだけでなく、環境に配慮したウォータータンクです。

>> QAMAR

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆大容量5Lで安心!しかも袋の中まで乾かせるメンテ性も高いウォーターバッグ
◆テレワークでもキャンプでも活躍間違いなしの5L真空ウォータージャグ
◆50Lの大容量!キャンプ用品を運んだ後はウォータータンクにもなるぞ

関連記事(外部サイト)