軽くて超小さい着けたまま寝落ち必至のイヤホンだから“寝ホン”です

軽くて超小さい着けたまま寝落ち必至のイヤホンだから“寝ホン”です

軽くて超小さい着けたまま寝落ち必至のイヤホンだから“寝ホン”ですの画像

就寝前のリラックスタイム、お気に入りの音楽や音声SNS配信を聴きながらついウトウト…なんて経験、誰でも一度や二度はありますよね。ごろりと寝返ったタイミングでイヤホンのケーブルを引っかけて目を覚ましたり、完全ワイヤレスならいつの間にかイヤホンが耳から転げ落ちてベッドの中で行方不明になったり…。

「どうせ寝落ちするなら、いっそつけたままでも快適に眠れるサウンドデバイスが欲しい!」と切望するあなたに、通称“寝ホン”、すなわち「音楽を聴きながら寝落ちできるイヤホン」として知られる1MOREの完全ワイヤレスイヤホン最新モデル「Comfo Buds Mini」(9990円〜 5月13日現在)をご紹介します。

まずは気になる大きさから。イヤホンのサイズは17×15×13mm、片耳ひとつの重量はわずか3.7gと、ともすれば耳栓と見まごうほどのミニサイズ。充電ケースのサイズも56.5×50×24.5mm、イヤホンを収納した状態でも50gに満たない軽さです。

しかも、この小さなボディに最大40dBのノイズ除去を実現できるノイズキャンセリング技術 “QuietMax Intelligent ”を搭載! 強力なANCが騒音の多い場所でもストレスのないリスニングを実現。ボタンひとつで外音の取り込みもできるトランスペアレントモードも搭載するので、駅や空港で大事なアナウンスを聞き逃す心配もありません。

購入してすぐ快適なリスニングが楽しめるよう、イヤホン本体にはあらかじめプロの手によるサウンドチューニングが施されていますが、専用アプリ“1MORE MUSIC”内にある聴力テストを利用すれば、自分の好みや聞こえ方に合わせて手軽にカスタマイズすることも可能。

さらに(ここからがこのイヤホンが「寝ホン」と呼ばれる理由のひとつでもあるのですが)このアプリには、30種類のヒーリングサウンドがあらかじめプリセットされています。最大150分まで5段階で設定できるタイマー機能が付いているので、穏やかな眠りにつきたいとき、リラックスして読書やストレッチを楽しみたいとき、とにかく癒しを求めているときなど、シーンに応じてさまざまに活用できそう。

連続駆動時間はANCオンの状態でも最長5時間、ANCオフなら最長6時間の使用が可能。またうっかり充電し忘れても、わずか5分間充電ケースに収めておくだけでたっぷり1時間のオーディオ再生ができるクイック充電に対応。イヤホン本体にはIPX5の防水性能を搭載、ケースは手軽に充電できるQi規格準拠のワイヤレス充電に対応するなど、実用性もバッチリです。

現在クラウドファンディングサイト CAMPFIREにて先行予約を受付中。カラーはレギュラーモデルのホワイト、ブラックの他、クラウドファンディング限定カラーとしてヴィヴィッドなレッドモデルも登場しています。

>>?CAMPFIRE

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆車内泊やキャンプ、昼寝でも!マット付き「ポータブル睡眠セット」で快適に眠ろう!
◆活動量や睡眠状態を測るならやっぱり軽くてスリムなトラッカーがいいよね
◆「光」「香り」「音」で眠りと目覚めを快適に!

関連記事(外部サイト)