ドン・キホーテの『情熱価格』を作り出す“情熱”とは【安くても傑作モノ】

ドン・キホーテの『情熱価格』を作り出す“情熱”とは【安くても傑作モノ】

ドン・キホーテの『情熱価格』を作り出す“情熱”とは【安くても傑作モノ】の画像

【安くても傑作モノ】
消費者の声を聞いて企画したピープルブランドとして、ワクワク・ドキドキをカタチにした「情熱価格」(ドン・キホーテのプライベートブランド)。高品質の製品を手頃な価格で提供するための苦労や発想、そして商品開発の視点などを担当者が語った!
*  *  *

2009年に“お客様の声をカタチに”をブランドメッセージとして誕生した、ドン・キホーテのオリジナル商品ブランドが『情熱価格』だ。

株式会社パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス、PBマーケティングチームのマネージャーである中武正樹さんは「2021年の2月には、さらにドン・キホーテらしさを実現するために、“ドンドン驚キ”をメッセージに掲げ、リニューアルを行いました」と話す。

リニューアルしたといっても、消費者からの声、要望を生かして商品を開発しているこには変わりはない。ラインアップは食品から雑貨に衣料品、インテリアや家電、自転車…と、多種多様に渡っている。それにしても、例えば国内メーカーの新製品であれば、20万円近くする55V型4Kチューナー内蔵TVが、情熱価格で6万円台。どうやってこの価格を実現しているのだろうか。

同社のPB企画開発部で、主に家電の開発を担当する柄澤喜行さんは「パートナー企業様とのモノづくりでは、“この機能はいらないね。この部分に特化しましょう”と、削ぎ落としてコストダウンしていくことが多いですね」と話す。

「例えば最初に格安4KTVを出した時は、他メーカーの機種にはインターネットTVの視聴機能が付いて価格が高かったので、ネット機能を省いて低価格を実現しました」

2017年当時、一般的には10万円以上していた50V型4KTVが税抜5万4800円。大いに話題になった。

「逆に地上波が全く映らない、チューナーレススマートTVも販売しています(笑)」

Android TV機能搭載で、NetflixやYouTubeなどのアプリが最初から入って42V型フルHDで税抜2万9800円という価格。24V型なら1万9800円。ネット動画だけに振り切ったモデルで、両モデルともHDMI端子が3個付いている。

在宅ワークが増えた今、一つはPCと接続してモニター代わりに、もう一カ所はゲーム機をつないで、仕事に疲れたらそのままゲームや動画を見て息抜きをするという使い方をする人のニーズをガッチリ掴んでいる。では、市場規模や顧客のニーズはどのように調査、分析しているのだろうか。

中武さんは「販売員が直接お客様のご意見を伺うこともあります。加えて、ホームページ上に“ダメ出しの殿堂”という場所を設け、率直なご意見をいただき、改善や開発に生かし、ドンキらしいワクワク・ドキドキを追求した商品を創り、お客様にお買い得感を感じていただきたいと考えています」と話す。

顧客とドン・キホーテが一緒になって作り上げていく驚安価格が『情熱価格』なのだ。ゆえに昨年2月のリニューアルからは、それをプライベートブランドではなく、『ピープルブランド』と名付けている。そして関わる社員たちは、少しでも安い“ありえ値ぇ!”価格と、“最驚”の機能と性能を備えた商品を送り出すために情熱を傾けている。

「これからもお客様の声を真摯に受け止め、情熱価格商品をたくさん送り出していきます!」(中武さんと柄澤さん)

今後は“驚安の殿堂”だけでなく、“安良の殿堂”としても発展してもらいたい。

 

■ドン・キホーテが推す「情熱価格」商品!
情熱価格は家電から食品類、生活雑貨まで多岐に渡る商品がある。家電を中心に、そのほんの一部を紹介しよう。

 

55V型4Kチューナー内蔵液晶テレビ
「LE-553T4KN-BK」(店舗上限価格:6万5780円)

総合出力20Wのスピーカーは、迫力のある音響を演出。映画もスポーツ中継も高画質で、臨場感を感じながら視聴できる。HDMI端子を4個備えているので、拡張性もある。

 

電動アシスト自転車
「EVA PLUS2」(8万7780円)

「充電が手間なのでバッテリー持ちを良くして」「子育て世代に焦点を当てるならカゴはもっと大きい方がいい」という、前モデルへの“ダメ出し”で改良されたモデル。

 

ナノート ネクスト
「UMPC-03-SR」(3万2780円)

Windows10にOffice Mobileを搭載した、7インチのタッチパネル式360度回転ディスプレイを備えたPC。タブレットとしても活用できる。

 

スチームオーブントースター
「ザ・陶スター DTO-M900ST」(3278円)

水を浸した陶器プレートを敷くことで、外はサクサク、中はフワフワのトーストを焼きあげる。火力を350・550・900Wの3段階に切り替えられるので、他の料理もできる。

 

7kgドラム式洗濯機
「HD72J」(店舗上限価格:5万4780円)

「乾燥機はあまり使っていない…」という顧客の声から生まれたドラム式洗濯機。高い洗浄力を持つ温水洗浄で洗剤の効果を最大限に引き出し、汚れをきれいに落とす。

 

「サブウーファー付き 3Dサラウンドバー」(1万960円)

この価格で、スリムなサブウーファーを備え、重低音を含めてサラウンドに変換。臨場感抜群の3Dサウンドを楽しめる。

>> 特集【安くても傑作モノ】
※2022年5月6日発売「GoodsPress」6月号36-37ページの記事をもとに構成しています
<取材・文/松尾直俊 写真/増本雅人>

 

【関連記事】

◆3DサラウンドバーとフルHDプロジェクター、ふたつで3万円未満って超高コスパ!
◆まさに価格破壊!4Kチューナー内蔵の50型テレビが5万円台だって!
◆機能モリモリのUMPCが約2万円ってサブPCにピッタリじゃん

関連記事(外部サイト)