990円とは思えない完成度!飾りたくなるシン・ウルトラマンの卓上フィギュア

990円とは思えない完成度!飾りたくなるシン・ウルトラマンの卓上フィギュア

990円とは思えない完成度!飾りたくなるシン・ウルトラマンの卓上フィギュアの画像

庵野秀明氏が総監督を務めた映画『シン・ゴジラ』『シン・エヴァンゲリオン劇場版』に続き、同氏が企画・脚本を手掛けた『シン・ウルトラマン』がついに公開しました。翌年3月公開予定の『シン・仮面ライダー』も含め、庵野氏が制作に携わる“シン”シリーズのひとつとして話題となっています。

『シン・ウルトラマン』公開を記念して、メガハウスより卓上サイズのフィギュア「空想特撮ジオラマ シン・ウルトラマン編」(全4種・各990円)が登場。ジオラマコレクションフィギュア「プチラマ」シリーズの新商品として、5月中旬から販売です。

メガハウスの「プチラマ」シリーズは、全高約60〜95mmと卓上サイズながら、さまざまな人気作品の名シーンを“魅せ方”や“細かな造形”にこだわって再現した、彩色済みのジオラマコレクションフィギュアシリーズ。ブラインド仕様で商品の種類は選べないものの、価格のリーズナブルさと完成度の高さ、さらに飾る際に場所を選ばないちょうどいいサイズが特徴です。

「空想特撮ジオラマ シン・ウルトラマン編」のフィギュアは、映画『シン・ウルトラマン』の初公開画像と、2021年公開の特報映像の中から再現された全4種。

主役のウルトラマンは、屹立した状態の「ウルトラマン 登場」と、少しかがんで戦闘態勢を取っている「ウルトラマン 臨戦」の2種類。映画同様、胸にカラータイマーがないウルトラマンを再現しています。

残り2種類は、映画に登場する“禍威獣(カイジュウ)”と呼ばれる巨大不明生物。“ネロンガ”と“ガボラ”を立体化した「ネロンガ 咆哮」「ガボラ 進撃」です。

いずれのフィギュアも全高約95mm以下であるものの、迫力ある造形となっています。デスクトップにウルトラマンと禍威獣を飾り付けて、映画の世界に浸ってみませんか?

>> メガハウス「空想特撮ジオラマ シン・ウルトラマン編」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆ウルトラマンカラーもだけど、斬新なデザインにも視線は釘付け!
◆ウルトラマンコラボだからこそ7と8の位置にこだわりが…
◆よく見ると実は秀逸なウルトラマンのロゴ、せっかくなら飾ってみない?

関連記事(外部サイト)