上質さと使い勝手が融合した旅にも日常にも便利なトリプルコラボアイテム

上質さと使い勝手が融合した旅にも日常にも便利なトリプルコラボアイテム

上質さと使い勝手が融合した旅にも日常にも便利なトリプルコラボアイテムの画像

レザーアイテムを中心とするライフスタイルブランド・FARO(ファーロ)と、ファッション雑貨ブランド・EDIFICE ACCENT(エディフィス アクサン)、そしてANAのトリプルコラボアイテムが誕生。

日常でも旅でも使える機能性とアクセサリーとしての上質さ、そして“携帯性”というテーマをプラスしたトートバッグ、ポーチ、ミニウォレットの3つのプロダクトがラインナップ。ファーロの得意とするミニマルなデザインにエディフィス アクサンらしいアクセントをプラスした、シンプルで洗練された大人のコラボアイテムです。

「FARO×edifice accent for ANA Packable Tote」(1万9800円)は、A4サイズの書類もラクラク入る縦38×横33×高さ9.5cmサイズのトートバッグ。

メイン素材に、化学素材メーカーである小松マテーレが開発した“ルガーノ”を採用。これは軽量で丈夫なことに加え、光沢感と漆のような艶感としなやかさを両立した上質な素材です。

落ち着いたネイビーのカラーと、ハンドルなど一部パーツに牛革を使用したデザインは高級感があり、スーツなどフォーマルなファッションにもマッチします。

また、小さく畳んでホックで留めることができるパッカブル仕様なのも特徴で、旅先のサブバッグなどとしても活躍します。

「FARO × edifice accent for ANA Pouch」(9900円)にも、トートバッグと同様、ルガーノ加工を施したナイロンポリエステルを採用。

サイズは縦16×横21×高さ5cmで、充電器やACアダプタ、イヤホン、ケーブルなどの小物を入れるのに最適。2つのジッパーによってスーツケースのように左右に180度開くクラムシェル型なので、モノを入れやすく取り出しやすいのが特徴です。

内側には3つのポケットを備えているので、小物もスッキリ収納。外側にはスマホなど頻繁に取り出すアイテムを入れるのに便利なオープンポケットも備えています。財布やスマホ、パスポートなどを入れてクラッチバッグとして使うのもアリです。

「FARO × edifice accent for ANA Fragment Wallet」(3万1900円)には、ファーロオリジナルの防水レザーを使用。ファーロの定番である「Fragment Wallet」をベースに、L字ファスナー仕様にアップデートし、さらに使いやすくなりました。

コンパクトで、ジャケットにも収納しやすい薄マチ仕様ながら、4つのカードポケットとジップポケットに、カードや札、小銭などをじゅうぶんに収納できます。

ブラックを基調とした中にちらりと見えるネイビーカラーが印象的。表面にデザインされた「edifice accent for ANA」のロゴもデザインのさりげないアクセントになっています。付属のコードを取り付けて、ネックウォレットとして使用できるのもポイントです。

>>?FARO

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆いかにもなミリタリー感を抑えた大人顔なBRIEFINGの新シリーズ
◆新しい働き方に似合うタフなビジネスパーソンの相棒「BRIEFING for ANA」
◆旅から日常まで使えるBRIEFINGとANAのコラボ誕生!もちろんブルーがポイントです

関連記事(外部サイト)