アウトドアでも着られる「シャツ」だから機能性も作りも一風変わってます!

アウトドアでも着られる「シャツ」だから機能性も作りも一風変わってます!

アウトドアでも着られる「シャツ」だから機能性も作りも一風変わってます!の画像

アウトドアの定番といえばTシャツ。汚れてもザブザブ洗えるTシャツなら、キャンプでも気にせず着られますよね。でも、たまにはちょっと“シャツ”でキメてみてはどうですか?

フィッシング ライフスタイルブランド Bywater(バイウォータ )がクラウドファンディングサイト CAMPFIREで先行予約販売を始めた「Banded Collar Half Sleeve Shirts|INOU」(1万3600円〜 5月20日現在)は、アウトドアでも気軽に羽織れるシャツ。

一見、きちんと感のあるバンドカラーシャツに見えますが、実は撥水・速乾・冷感という機能性を備えたうえ、デザインにも工夫を凝らしたアウトドアシャツなのです。

商品名の「INOU」とは、「衣嚢(いのう)」つまり衣服の隠しポケットのこと。アウトドアでは「ポケットがあれば」と思うシーンも多いものですが、このシャツには大きな隠しポケットが付いているのです。

左右の腰のあたりをよく見ると、ファスナーが。ここが実はポケットになっていて、開口部は約13cmと大きく開くので、ちょっとかさばるモノでもサッとしまえちゃいます。ファスナーが付いているので落とす心配もありません。

表にファスナーの歯が目立たないよう、コンシールファスナーを使っているほか、膨らみやたわみが目立たないようデザインでも工夫を凝らし、シャツのシルエットが崩れないようになっています。

一見オックスフォード素材に見えますが、撥水性も備えているのがポイント。洗濯を繰り返すと徐々に撥水効果は落ちますが、アイロンなどで熱を加えると、撥水効果は回復します。

汚れも落ちやすくなっているので、何かと汚れがちなアウトドアでも安心です。乾きやすい素材なので、水で濡れたり汗をかいたりしても、ジメジメは長く続きません。

接触冷感生地でもあるので、日差しの強い日でも気持ちよく過ごせます。さらに、紫外線遮蔽率91%以上のUVカット機能でお肌も守ってくれるという、まさにアウトドアにぴったりのシャツなのです。もちろん機能性の高さは、街中でも大歓迎ですね!

カラーはブラック、ホワイトの2色で、M、L、XLの3サイズ展開です。街でもアウトドアでも、清潔感のある汚れにくいシャツが1枚あれば、コーディネートの幅も広がりそうです。

>> CAMPFIRE

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆汗をかくほど冷たくなるインナーウエアって夏のスポーツシーンに最高だよね!
◆マウンテンハードウェアの高機能ウエア&ギアをまとって目指せ3000m級!
◆NANGAの難燃ウエア「TAKIBI」に春夏も着られる新シリーズが登場

関連記事(外部サイト)