バウハウスらしい赤青黄が白文字盤に映える軽やかなルイ・エラール新作

バウハウスらしい赤青黄が白文字盤に映える軽やかなルイ・エラール新作

バウハウスらしい赤青黄が白文字盤に映える軽やかなルイ・エラール新作の画像

2019年に初コラボレーションを果たした、スイスの時計ブランド・Louis Erard (ルイ・エラール)と時計デザイナー、アラン・シルベスタイン。昨年には、新たなコラボ作品として、トリプティックシリーズのデイデイト、レギュレーター、モノプッシャークロノグラフの限定3部作をリリースし、話題を呼びました。

そしてこのたび、そのアラン・シルベスタインのアイコンモデルである“Smile”を採用したデイデイトモデルがリニューアルし、「Excellence Limited Edition SmileU Designed by Alain Silberstein」(63万8000円)がリリース。これからの季節にふさわしい、ポップで爽やかなモデルに仕上げられています。

「Excellence Limited Edition SmileU Designed by Alain Silberstein」では、トリプティックシリーズのデイデイトモデル「LE75357TT02BTT88」をベースに、ダイヤルカラーをブラックからシルバーホワイトに変更。

また、このダイヤルに合わせて、白いパイピングを施したグレーのナイロンストラップを組み合わせてより軽やかで爽やかな印象に仕上げています。

アラン・シルベスタインが多大な影響を受けたバウハウスの需要な要素である“三原色”や、“丸、三角、四角”を随所に取り入れたデザインはそのまま踏襲。丸と三角を組み合わせたQの文字のような時針、矢印のような分針、Sのような曲線を描いた秒針は、それぞれ赤・青・黄色のカラーが配されています。インデックスのカラーはダイヤルに合わせて変更し、青をベースに、12時位置のみに配置された赤がさりげないアクセントに。

さらに特徴的なのが、6時位置のデイト表示の上に配された“スマイル”のデイ表示。一般的な文字での曜日表記ではなく、デザインされた顔の表情が週末が近づくにつれて笑顔になるという仕様。休日を楽しみにする気持ちが表現された遊び心あるデザインは、アラン・シルベスタインならでは。

40mm径のケースにはチタニウムを採用し、10気圧防水を装備。ムーブメントは「SW220ー1(自動巻き)」を搭載しています。

さらに特典として、アラン・シルベスタインデザインのSIGGトラベルボトルも付属。特別なノベルティ付きの「Excellence Limited Edition SmileU Designed by Alain Silberstein」は、世界限定数178本で、5月末より発売です。

>>ルイ・エラール

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆計算された文字盤デザインが時計としての役目を果たす新作ルイ・エラール
◆文字盤に砂金石と孔雀石を使ったルイ・エラールの2本の限定ウォッチ
◆ポップで独創的な存在感を放つルイ・エラールのコラボモデル

関連記事(外部サイト)