大人の移動式秘密基地!キャンピングトレーラー入門【秘密基地と小さな書斎実例集】

大人の移動式秘密基地!キャンピングトレーラー入門【秘密基地と小さな書斎実例集】

大人の移動式秘密基地!キャンピングトレーラー入門【秘密基地と小さな書斎実例集】の画像

【秘密基地と小さな書斎実例集】

キャンプにもってこいのクルマといえば、キャンピングカー? それともいま注目のバンライフ? そんなフツーの選択肢じゃ飽き足らず、キャンピングトレーラーを選んだ遊びの達人にお話をうかがいました!

農業 山田保郎さん
電力関係の会社を引退後、現在は家業の農業に従事。自宅には稼働中のクルマ4台の他に、N360、モンキー、CL72など希少なクルマ・バイクを多数所有し、趣味でレストアを行う

 

 
■旅行やキャンプのときだけ愛車を「旅仕様」に
たくさんのクルマとテントが立ち並んで賑わう週末のキャンプ場。しかしそこに山田保郎さんのランドクルーザー(以下ヨンマル)とトレーラーが現れると、遠巻きに周囲のキャンパーたちの視線がチラチラと集まってくる。角ばった赤いボディに丸目のライト。ガラガラと元気なディーゼルエンジン音。現代のトレーラーを引っ張る昭和55年製のヨンクというのは、確かに目を引く光景だ。

「この2台の組み合わせ、レトロな雰囲気でかわいいでしょう? ヨンマルの雰囲気に合うデザインのトレーラーをずっと探してたんです」

いつかはバスコン(バスやマイクロバスをベースに架装したキャンピングカー)がほしいと思っていた山田さん。そんな彼のもとにヨンマルがやってきたのは7〜8年前のことだ。それをきっかけにトレーラーを探し始めて、ついに牽引免許も取得。2年半ほど前からトレーラーライフをスタートした。

「トレーラーはちょっと敷居が高く感じるかもしれないけど、想像よりずっと便利で楽しいですよ。このトレーラーもそうなんですが、総重量750kg未満なので普通免許でも牽引できるんです。別のクルマに付け替えることもできるし、エンジンを積んでないから税金・車検・自賠責といった維持費も普通車よりずっと安い。ただ、牽引すると高速道路の料金区分が上がってしまいますけどね」

キャンピングカーはもちろん旅には最適な選択肢かもしれないが、車格によっては小回りが利かなかったり、立体駐車場を利用できなかったりと、日常の制約が大きくなってしまう。

普段は好きな愛車に乗りながら、旅行やキャンプのときだけ愛車を「旅仕様」にできる、そんな自由さがトレーラーの魅力だ。実際に山田さんはもう1台60系のランクルも長年所有しており、そのときの気分や乗車人数によってヘッドのクルマを使い分けているという。

「ヨンマルはすべてがアナログで不便なところもあるけど、その不自由さが楽しいですね。そのぶんトレーラーはキッチン・ガス・ベッド付きで、まるで家みたいに快適に過ごせます」

そう言いながらお気に入りのランタンやコット、RCカーを次々と取り出す山田さん。まさに運べて泊まれる大人の秘密基地といったところだ。キャンピングカーや車中泊ブームが続いているが、今後はいいとこ取りの第3の選択肢、トレーラーにも要注目だ。

 

 
■最長で愛用歴30年以上!? キャンプライフのマストアイテム大集合!
コールマン「200A」

 

ブライトリング「Super Ocean」

 

ランドクルーザー40「RCカー」

 

米軍放出品「GIコット」

 

番外編・DIY「ジオラマ」

>> 特集【秘密基地と小さな書斎実例集】
※2022年5月6日発売「GoodsPress」6月号84-87ページの記事をもとに構成しています
<取材・文/中田美幸 写真/山岡和正>

 

【関連記事】

◆三脚付きのコードレスファンでキャンプも家も涼しく過ごそう!
◆シンプルな見た目のテンマクデザイン「マルチダッフル」は旧車でのキャンプツーリングにちょうどいい!
◆夏のキャンプにはうれしいファンとライトが一体化!テントの中にもちょうどいいよね

関連記事(外部サイト)