ペン先が万年筆のつけペンだから書きやすい!もちろんインクを変えられます

最近はさまざまな色味が発売されている万年筆用のインクですが、インクが必要な万年筆やガラスペンは、こだわった製品になるほど高価になりがち。そんなときに手軽にインクを楽しめる筆記具が、インク瓶にペン先を浸して書く、ある種原始的な筆記具“つけペン”です。

ただし、つけペンは器用に書けるまで多少の慣れが必要。でもやっぱりいろいろなインクを楽しみたい、という人は、PILOT(パイロット)から6月20日発売の、つけペンタイプの筆記具「iro-utsushi(いろうつし)」(770〜1980円)がいいかも。つけペンなのにペン先が万年筆と同型なので、つけペンに慣れてなくても細かい文字をなめらかに書けるんです。

一般的なつけペンと異なるのは、ペンの先端に万年筆と同様のペンポイントが付いていること。これにより紙へのタッチが柔らかくなって、細かい文字やイラストをなめらかに書けます。

つけペンは万年筆と異なり、本体にインクをためず、ペン先にインクを浸して書きます。だから、ペン先を水ですすいで布で拭き取ってやれば、いつでも好きな色のインクに変えられます。一本で複数の色を使って文字やイラストを書きたい人にはぴったりです。

ペン先は特殊合金製で、ペン種は細字と中字の2種類。初心者でもスムーズにインク瓶に浸けられるよう、インクに浸ける位置の目安となるラインが刻印されています。

ボディは涼し気な樹脂軸(770円)と、つけペンのイメージにしっくりくる木軸(1980円)の2種類。樹脂軸は全長144mm、最大径は10.7mm。カラーはノンカラー、クリアブラック、クリアブルーの3種類。クリアブラックのペン先は細字、クリアブルーは中字のみの展開です。木軸は全長156mm、最大径12.2mmで、カラーはブラックと木の質感を生かしたモクメの2種類。

万年筆と同じペン先のつけペンで、多彩なインクを手軽に楽しんでみませんか?

>> パイロット

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆芯まで金属のメタルペンシルが書けるのってなぜか知ってる?
◆リストバンド型メモ「wemo」に取り付けられる専用ペンが登場!
◆MDノートに似合う倉敷帆布のナチュラルさが心地良い「MDペンケース」