耳を塞がないイヤホンに新機軸!しっかり装着できる上掛けタイプです

すでに普及した感のある完全ワイヤレスイヤホン。通勤通学時やテレワークなど着用する機会が多く、日々長時間装着しているという人もいるのでは。それだけ身近なモノになったからこそ、耳穴を塞がず周囲の音を聞き取れる“ながら聴きイヤホン”が注目されています。各社から耳穴を塞がないモデルが登場していますが、その形状は耳に挟んだり、穴が空いていたり、骨伝導形式だったりなどさまざま。

そんな中、JVCケンウッドのビクターブランドから新たなスタイルのながら聴きイヤホンが6月上旬に登場します。それが同ブランドの完全ワイヤレスイヤホン新シリーズ“nearphones”の「HA-NP35T」(予想実勢価格:1万1880円前後)です。

まずカタチが個性的。耳の上からイヤーフックを掛けるタイプで、かつ耳の穴(外耳道)を塞がないため、ジョギングやウォーキングなど屋外でのエクササイズ時でも、周囲の音を聞き取れます。

イヤーピースがない開放的な装着感で、イヤーフック部分は自然な耳当たりとなるよう素材にも硬さと柔らかさを兼ね備えた素材が使用されているなど、装着時の耳の負担も軽減されています。

気になる音漏れについても配慮が。人間の耳が認識しやすい音漏れの周波数帯域に音圧のピークがこないよう、内部構造やスピーカーの個数や形状などを試行錯誤しながら設計。指向性も適切にコントロールすることで、音漏れを抑えるようになっています。

大口径の16mmドライバーと本体内部のバスレフ構造、音質マイスターによる音響設計により、豊かな低音の高音質サウンドを実現。さらに、左右のイヤホン本体それぞれに高性能MEMSマイクと通話用ノイズリダクション機能を搭載しており、オンライン会議などの通話もクリア。左右どちらか一つだけ使う「片耳使用」に対応しているところも便利です。

JIS保護等級はIPX4相当で、雨や水しぶきを浴びても使える生活防水仕様。イヤホン本体のみで最大7時間、充電ケースと組み合わせて最大17時間の連続再生が可能です。

カラーはブラック、ホワイト、ネイビーの3色展開です。

>> ビクター「HA-NP35T」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆耳を塞がないイヤホンに新機軸!骨伝導+指向性スピーカーで高音質を実現だ!
◆ストレスフリーな使用感!耳に引っ掛ける骨伝導イヤホンはながら聴きにピッタリ!
◆外出時はいつもマスクとイヤホン。だったら一緒にしちゃえ!