BROOKSからランニングに最適なスピード系ハイエンドモデルの第3世代が登場

100年以上もの歴史を持つアメリカのランニングシューズブランド・BROOKS(ブルックス)から、スピード系ハイエンドモデル「HYPERION ELITE(ハイペリオン エリート)」の第3世代モデル「HYPERION ELITE 3(ハイペリオン エリート 3)」(2万9700円)が新登場!

快適な走り心地やフィット感、通気性も兼ね備えた、日常使いから本格的なレースまで対応するシューズです。

速さ×安定感をコンセプトに、世界のトップランナーと共に開発された「HYPERION ELITE」。軽量かつ抜群の安定性と反発力を併せ持つ素材“DNA FLASH”を採用し、可変式カーボンプレートが搭載されています。

従来モデルから踵の形状、タング部分、アッパーの仕様を刷新し、より快適なフィット感と通気性を実現。足をしっかり包み込みつつ通気性も抜群なので、フルマラソンなどの長距離走にも最適です。

ミッドソールに採用されている“DNA FLASH”は、液化窒素ガスを混ぜて臨界発泡し成形した素材。一般的なソールに比べて軽さとやわらかさ、反発性をバランスよく兼ね備えているのが特徴です。

“DNA FLASH”とブルックス独自の可変式カーボンプレートのコンビネーションにより、安定感とスピード感が向上。底面を広く設計したことにより生まれた接地と蹴り出しの安定感と軽快感が、ランナーのポテンシャルを最大限に引き出してくれます。

さらにシューレースには新構造の100%リサイクルポルエステルを使用。適所でしっかり固定される設計で、レース中も足を快適に保ってくれます。

2021年4月にオレゴン州で開催された“BROOKS 50K&Marathon”では、女性ランナーのデジレ・リンデン選手が着用し、なんと50kmの世界記録を更新。50kmを3時間以内に走った世界初の女性ランナーになりました。

日々のランニングにはもちろん、自己ベストに挑む大切なレースの際にもパフォーマンスを発揮してくれること間違いなし。6月17日発売です。

>> BROOKS

<文/&GP>

 

【関連記事】
◆Onらしいデザインと機能性の高さを兼ね備えたミッドカットハイクシューズ
◆なんとモチーフは“砂漠の花”!カラフルなアクセントが映えるHOKAの新作ハイクシューズ
◆厚底なのに軽い!サロモンの新作ランニングシューズで足さばきも軽快に!