GORE-TEXのレザースニーカーだから雨の日の通勤でも快適です!

ビジカジスタイルやキレイめのコーディネートにも合わせやすく、幅広いシーンで活躍するレザースニーカー。ですが、レザーは雨の日に弱いのが難点。水がつくとシミになってしまったり、型崩れを起こしてしまったりします。

洋服の青山とマドラス社のコラボにより、雨に強い「ビジネススニーカー」(1万7600円)が誕生。アウトドアウエアでもおなじみの、防水性・透湿性に優れたGORE-TEX(ゴアテックス)ファブリクスと防水牛革を採用し、雨の日でも気にせず履ける一足です。

ゴアテックスファブリクスは、0.2ミクロンの微細な孔を1平方センチメートルに約14億個も持つ、防水透湿性素材。水の侵入を防ぎつつシューズ内の湿気を放出するので、雨の日でも濡れず、蒸れず、快適な履き心地を実現します。

そんなゴアテックスファブリクスの防水透湿フィルターを内部に搭載し、アッパー表面には雨水が浸み込みにくい防水牛革を使用。キズやシワがあるのも天然素材レザーの証です。

アウトソールにはグリップ性と耐久性のある合成樹脂素材を使用し、Mサイズで片足約250gを実現。インソールには制菌・防臭加工を施し、暑い季節も快適です。

カラーはブラックとグレーの2色展開で、どちらもソールはホワイト。グレーはアッパーにスエード素材を使用し、やわらかい雰囲気にデザインされています。サイズはS(24.5〜25.0cm相当)、M(25.5〜26.0cm相当)、L(26.5〜27.0cm相当)の3サイズ。気になる人は要チェックです。

>> 洋服の青山

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆ミズノと洋服の青山が共同開発したスポーツ技術搭載のビジネスバックパック
◆THULEの新作リュックはシンプルだけど収納部が使いやすくて1万円前後と高コスパ!
◆暑い日はジャケット脱ぎたい!でも手持ちは面倒!だったらバッグにしっかり固定しちゃおう

関連記事(外部サイト)