これぞリアル"アナデジ”ウォッチだ!話題の「ツェッペリン×wena 3」に第2弾が登場!

スマホと連携できるスマートウォッチは多機能で便利です。しかし、見た目が腕時計というよりも、いかにも手首に巻く小さいデジタルガジェットみたいな製品がほとんど。時計好きなら、やっぱり時計然としたものがいいですよね。

そこで注目したいのが、ドイツの腕時計ブランド ZEPPELIN(ツェッペリン)の日本限定モデル「Night Cruise(ナイトクルーズ)×wena 3」(8万9100円)。日本初展開となる機械式腕時計シリーズ「Night Cruise」に、ソニーのベルト型スマートウォッチ「wena 3」を組み合わせたもので、4月に発売して反響を呼んだ限定セットに続く第2弾。ツェッペリンの公式オンラインショップ限定で6月17日より発売されます。

今回スマートウォッチ化されるツェッペリン「Night Cruise」は、“飛行船の夜の旅”をテーマにしており、暗い場所では夜光塗料を塗られた針とインデックスが輝き、1900年代初頭の空から眺めた夜景を連想させてくれます。漆黒でスタイリッシュな文字盤は、暗くても視認性が高くなるよう、インデックスをシルバーで縁取るなどコントラストの強いデザインとなっています。

また、ねじ込み式リューズを採用するなど、スポーティなダイバーズタイプの機械式時計のため、水濡れを気にせずに使用できます(時計本体は20気圧防水ですが、ベルトの「wena 3」は5気圧防水)。

風防はダイヤモンドの次に硬い耐久性を誇り、透明度の高いサファイアクリスタルを使用。裏蓋はシースルー仕様となっており、ムーブメントのローターの動きを確認できます。

メタルブレスレットのバックル部分はソニーの「wena 3 metal Silver」に。スマホと連携することで、SNSやメール、電話の通知やスケジュール、アラーム、天気予報の確認もできます。特に便利なのは「Suica」などの電子マネー機能。「wena 3」のバッテリーは1週間持続するため、スマホに比べて充電やバッテリー切れのストレスが軽減されます。

この他にも心拍数、歩数、消費カロリー、最大酸素摂取量(VO2 Max)、眠りの深さなどを計測できる健康管理機能や、“Amazon Alexa”でニュースの取得や家電の操作を行ったり、紛失防止タグの“MAMORIO”と連携して腕時計を探せるようにしたり、“Qrio Lock”などとの連携で自宅の施錠・解錠に使うことも。

アナログな機械式時計とスマホ連携が違和感なく調和した、まさにアナデジな1本です

>> ツェッペリン

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆ツェッペリンのクラシカルな魅力はそのままにwena 3でスマート化!
◆1970年代の無骨な機械式ダイバーズデザインとハイテクなwena 3.が合体!
◆文字盤にSONYの文字が刻まれたXperia 1 IIIと調和する限定「wena 3」

関連記事(外部サイト)