アウトドア用にも防災用にも!丸まるLEDライトは使いみちいっぱい!

キャンプなどのアウトドアで明かりを確保したい時、どんなものを用意しますか? キャンプ用のライトはいろいろな種類が用意されていますが、置く場所やつるす場所に困ったり、持ち運ぶと重いしかさばるなどの問題も。とはいえ、光が溢れている都市部とは異なり、外灯などの明かりが少ないキャンプで照明は必須。もっと持ち運びやすくて、さまざまなシチュエーションに対応できるライトがあれば便利なのに…と思ったこと、ありませんか?

折り畳めばぺったんこにできて、マグネットでペタッと設置できるチューブ型LEDライト「Light the camping night」(4464円〜 6月16日現在)がMakuakeにて先行販売中。キャンプはもちろん、非常時は防災用ライトとしても役立ちますよ。

空気を入れれば瞬時に明るく照らしてくれる、折り畳み式のチューブ型LEDライト。折り曲げられるので、自由な形に設置できます。

本体の内部にはマグネットが2つ内蔵されており、車にペタッと貼り付けたり、テントの骨組みに曲げた状態で設置することも可能。マグネットが付かない素材には、ライトの真ん中に付いている面ファスナーを対象物に巻き付ければ取り付けられます。

使い方は本体を広げて空気栓から空気を入れたら栓を閉めるだけ。モバイルバッテリーなどのUSBポートに接続してスイッチONすれば、好きな場所、好きなタイミングで設置&使用できます。

明るさは5段階あり、300、600、900、1200、1500ルーメンに調節可能。キャンプや釣りなどのアウトドアはもちろん、暗いガレージでの作業や災害時で電気が使えないシチュエーションでは防災グッズとして活躍します。

使用した後は空気を抜いて折り畳めばスマホの大きさまでサイズダウン。ビニールハウスに使われる撥水性のあるPVC素材を使用しているため、水に濡れても安心です。

USB接続なので電池切れの心配がなく、マグネットでペタッと貼ればさまざまな場所で使える「Light the camping night」。いつでもどこでも、好きな場所にライトをセットできますね。

>> Makuake

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆たいまつ型ライトがあるだけで家が一気にマイクラの世界に!
◆ぼよ〜んと跳ねるし小さく畳める防水LEDライトっておもしろい!
◆膨らませれば長〜いライトに、丸めてケースに入れればランタンに!って画期的!

関連記事(外部サイト)