珪藻土の傘立てなら傘の雨で玄関が水浸し問題が解決するぞ!

雨の日に傘を使うと困るのが、傘に残った水滴。たっぷり雨を浴びた傘は、玄関を水浸しにしてしまいます。そのうち乾くとはいえ、やっぱり床が濡れてしまうのは気持ちがいいものではありません。

そんな時、頼りになるのが吸水性に優れる珪藻土。soil(ソイル)の「UMBRELLA STAND(アンブレラスタンド)」は、そんな珪藻土で作られた傘立てだから、傘から滴り落ちる水滴をしっかり吸水してくれます。2011年に発売された3本用に加え、新たに6本用の「UMBRELLA STAND large(アンブレラスタンド ラージ)」(9900円)と折りたたみ傘1本用の「UMBRELLA STAND single(アンブレラスタンド シングル)」(3080円)が登場しました。

▲ホワイト

▲グリーン

▲ピンク

「UMBRELLA STAND large」は大小の穴が6個あり、長傘3本・折りたたみ傘3本の計6本を収納可能。大きな穴は折りたたみ傘用ですが、長傘も安定して挿せる設計になっています。素材に使われている珪藻土は吸水性に優れているだけでなく、時間が経つと自然に乾燥し、溜まった水を捨てる手間が省けます。

カラーはホワイト、グリーン、ピンクの3色。周囲になじみやすいカラーで、自宅に置いても来客用としてオフィスに置いてもよさそう。

▲左からホワイト、ピンク、グリーン

折りたたみ派にうれしいのが「UMBRELLA STAND single」。一見、傘立てには見えないデザインですが、折りたたみ傘を1本、立てて収納できるんです。自分専用にデスク横に配置すれば、お気に入りの折りたたみ傘を身近に置いておけます。こちらもホワイト、ピンク、グリーンの3色。

左官職人の技術を用い、人や環境にやさしいプロダクトをつくるブランドの珪藻土製品。すべて国内で生産し、一時期問題になったアスベスト(石綿)は一切含まれていません。安心素材による珪藻土の傘立てがあれば、梅雨の悩みが1つ解決しそうですね!

>> KONCENT

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆ビニール傘に取り付けるだけ!濡れた傘が邪魔にならない「傘ホルダー」が気になる!
◆傘にベンチレーションって新しい!ちょっとやそっとの風じゃ壊れません
◆傘の内側にライト付きって防犯対策にもなりそう!

関連記事(外部サイト)