漫画家に愛用者も多いコピックマルチライナーに「ターコイズ」が数量限定で出るぞ!

コピックと言えば、1987年3月の販売開始以来、多くの漫画家やイラストレーター、デザイナーに愛用されているアルコールマーカーです。「コピー機のトナーを溶かさない」ことを目指して開発されたことが名前の由来となっています。と言うのも、発売当初の頃は、イラストに色を塗る際には失敗しても良いようコピーのほうを使用することが多く、通常の油性マーカーではコピーされた線などが滲みやすいため、滲みにくいコピックは重宝されたのです。

ただコピックはアルコール性なので、色を塗った箇所に新たに線を書く場合には耐アルコール性のペンを使用しないと滲んでしまいます。その際に使用するミリペンが「コピック マルチライナー」です。今回、コピック発売35周年となるメモリアルイヤーを記念して、マルチライナーに新色の「コピック マルチライナー ターコイズ」(275円)が新登場。8月1日からの数量限定商品となっています。

コピックは全358色とカラフルですが、その上に線を書くマルチライナーはこれまで全10色。しかも、ブラック、クールグレー、ウォームグレー、セピア、ブラウン、ワイン、コバルト、オリーブ、ピンク、ラベンダーといったラインナップでやや濃く暗めの色合いがメインでしたが、今回のターコイズは他の色と異なる明るい寒色系です。

この色はかねてよりユーザーの要望の多かった水色系カラーとのこと。漫画家やイラストレーターの中には、下書き用として水色の芯のカラーシャープペンシルを使用する人が多く、この色は馴染み深い色のひとつと言えます。

本体はターコイズブルーのインク色をイメージした特別なデザインで、他のマルチライナー同様、耐水性・耐アルコール性の水性顔料インクを使用しています。ペンの線幅は0.03mm、0.05mm、0.1mm、0.3mm、0.5mmの全5タイプ。4本組セット(1100円)も同時発売予定です。

また爽やかな色合いもこれからの季節にぴったり。漫画やイラストを仕事にしていない人でも使いたくなる鮮やかな色合いです。

その昔、他社製品でターコイズのゲルインクボールペンが限定カラーで登場し、品切れが続出するほどの人気を呼び、通常販売に至るというケースがありましたが、今回も発売前からSNSでは話題沸騰中ですよ。

>> コピック

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆まさに機能美!程よい傾斜で中身がスッと取り出せるペンケース
◆ペン先が万年筆のつけペンだから書きやすい!もちろんインクを変えられます
◆芯まで金属のメタルペンシルが書けるのってなぜか知ってる?

関連記事(外部サイト)