寝るだけで温熱治療&電位治療ができるって!西川だから寝心地も◎!

コロナ禍でライフスタイルが大きく変化する中、病院に行くほどじゃないけど、なんとなく体が重くてだるい…なんて、ちょっとした体調不良に悩む人は、年代性別を問わずいるようです。

寝具メーカーの西川から家庭用医療機器の新製品「Healthyon(ヘルシオン)」(19万8000円〜33万円)が登場。しっかり休んだつもりでもなかなかとれない疲労や肩こり、筋肉痛、あるいは頭痛や便秘といった慢性症状を自宅で手軽にケアできる、ベッドパッド型の家庭用医療機器です。

▲「ヘルシオン」

使い方はじつに簡単。手持ちの敷き布団やマットレスの上に広げて治療モードを選択・設定したら、あとはいつものように寝るだけ。

体を直接あたためることで血行を促進する“温熱治療”と、マイナスの電位を体に与えて治療効果を狙う“電位治療”、この二つを組み合わせたさまざまなモードによって、体の不調に合わせた効果的な治療を行います。

症状緩和が期待できるのは、血行不良、頭痛、疲労、肩こり、胃腸の働き、慢性便秘、神経痛・筋肉痛、それに不眠症の8つの症状。このうち血行不良、疲労、胃腸の働き、神経痛・筋肉痛に対しては“温熱治療”が、頭痛、肩こり、慢性便秘、不眠症に対しては“電位治療”が効果を発揮。


症状に合わせて治療の種類を選んでもいいし、両方を交互に繰り返す“温熱・電位交互モード”を使ってもよし。また夏は電位治療メイン、冬は温熱治療メインなど、季節で使い分けても、もちろんOK。このほか寒い季節に嬉しい“速暖機能”や、布団にこもった湿気を取り除く“乾燥機能”など、利便性を考えた機能も備えます。

設定は本体に備えたコントローラーで行ってもいいし、2.4GHzのWi-Fi環境があればスマホアプリでのリモート操作も可能です。

タイプは側生地に抗菌加工を施した「ヘルシオン」(19万8000円〜27万5000円)と、側生地に抗ウイルス・制菌加工を施した「ヘルシオンDC」(24万2000円〜33万円)の2種類(管理医療機器・認証番号 303AKBZX00062000)。それぞれ幅70cmのスマートシングルタイプ、幅100cmのシングル、幅120cmのセミダブルの3サイズをラインナップ。

▲「ヘルシオンDC」

いつものベッドに敷いて寝るだけの手軽さは、忙しい人にとっては大きな魅力です。

>> 西川

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆いま使ってる寝具に不満なら、もう1枚上に敷いてみる?
◆老舗寝具メーカーが本気出して作った「ダウン寝袋」誕生!コインランドリーで洗えるぞ!
◆寝具メーカーが手掛けたシュラフならキャンプでも車中泊でもぐっすり寝られそう!

関連記事(外部サイト)