アウトドアなテイストを残しつつディテールは街使いに最適化!

アウトドアテイストが好みでも、アウトドア用のバックパックをそのままタウンユースとして使うとなると使いづらい箇所もちらほら。かといってアウトドアテイストをプラスしただけのバックパックではイマイチ機能性に欠ける。

そんなニーズを満たしてくれるのが、CITERA(シテラ)より登場した「INJECT20」(3万5200円)。アウトドア感あふれるルックスでありながら、日常使い向きにうまく落とし込んだ使い勝手が魅力です。

2020年春に発売し完売した人気モデルをベースとした「INJECT20」の容量は日常使いにちょうどいい20L。ラップトップコンパートメントのほか、メイン収納部にはタブレット、ドキュメント用スリーブも備えています。

メイン素材には耐水性・耐久性に優れたライトウェイトリップストップを採用し、タフかつ水に強い仕様。絹のような光沢感となめらかな質感も特徴です。

登山用バックパックをスタイリッシュに昇華したデザインが印象的で、目を引くのが、ブラックにホワイトのラインが入ったフロントの2本のテープ。このテープがゆるやかなラインを描きながらアシンメトリーに交差し、個性をプラスしています。

メイン収納部の開口部は、登山用バックパックのようなドローコードを使用した巾着型ですが、それに加えて正面センターに設けたファスナーからメイン収納部へ直接アクセスできるつくりなので、ストレスなくサッと荷物を出し入れできます。また、センターファスナーは止水仕様で雨の侵入を防ぎます。

フラップポケットにも止水ファスナーを搭載。荷物の多さによって、アジャスターベルトでバッグの厚みを調節することも可能です。

しっかりと幅のある背負いやすいショルダーストラップにはベンチレーション機能を搭載し、着脱式チェストベルトを付属。登山用バックパックにある大型のウエストベルトをなくしているのも、普段使いにはピッタリ。

斜めにデザインされた底にはブランドロゴを刺繍。カラーはブラックのみの展開です。

>> CITERA

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆土屋鞄初となるナイロン製バッグシリーズ!しっかり上質さはキープです!
◆THULEの新作リュックはシンプルだけど収納部が使いやすくて1万円前後と高コスパ!
◆肩掛けもできて収納力もバッチリなダッフルバッグってひとつあると重宝するよね

関連記事(外部サイト)