「アプリで飛び出す地球儀」でおうちで世界を旅しよう!

世界の国々や大きな都市の位置を俯瞰で知ることができる地球儀は、学習用アイテムでありながら部屋のインテリアにもなるなど、不思議な魅力を持っています。さらに近年は、デジタルとの融合によってバーチャルかつ多大な情報を得られるタイプが登場するなど、くるくる回すだけに留まらない飛躍的な進化を遂げています。

ほぼ日から7月1日に発売となる最新AR地球儀「ほぼ日のアースボール ジャーニー」(1万1000円)も、そんな進化を遂げた地球儀のひとつ。専用アプリをインストールしたタブレットやスマホをかざすことで、地球儀に表示されている国や都市のさまざまな情報を見られるという画期的な仕様を備えています。

10万個を超える販売数を記録した従来モデル「ほぼ日のアースボール」の最新バージョンとなる今作は、直径が15cmから20cmにサイズアップし、地球そのままの青い姿から変わって国ごとに色分けした精緻な地図が描かれるなど、そのまま見るだけでも役立つ本格的な地球儀にモデルチェンジしています。

そして、無料の専用アプリ「ほぼ日のアースボール」をタブレットやスマホにインストールすることで、世界各国のさまざまな情報を画面内の地球儀上で表示するARコンテンツ(20種類以上)を楽しめる他、今回の最新モデルに合わせて登場した、旅気分を味わえる新コンテンツ「世界をジャーニー」も閲覧できます。

一般的な地球儀に備わっているアームや軸がなく、ボールのように手に取って好きな角度から自由に眺められ、天然木を使用した付属の専用台座を使えば机や棚などに飾れるようになっています。

子どもへのプレゼントはもちろん、インテリアとしても充分に使えるオシャレなデザインが魅力的な「ほぼ日のあーすボールジャーニー」。まだまだ海外旅行が難しい状況ですが、そんな時だからこそ、専用アプリを駆使してまだ見ぬ世界に思いを馳せてみるのもいいかもしれませんね。

>> ほぼ日「ほぼ日のアースボール」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆デジタル時代の地球儀は雲の動きだって見えちゃうぞ!
◆これからの海外旅行はスマホと地球儀で楽しめる?
◆大人も楽しい!地球儀すごろくは世界一周気分も味わえます

関連記事(外部サイト)