舞台は1920年代!イタリアの双胴飛行艇を製作【達人のプラモ術<サボイア マルケッティ S.55>】

【達人のプラモ術】
DORA WINGS(ドラウイングス)
1/72 サボイア マルケッティ S.55 太平洋横断記録機
01/04

さて今回から新テーマがスタート! アイテムは深海から再び大空に戻ります。選んだキットはウクライナの模型メーカーDORA WINGS(ドラウイングス)が発売した双胴の飛行艇「サボイア マルケッティ S.55」。飛行艇と言えば思い出すのはあの映画ですよね。そして男のロマン(毎回こればっか)が詰まっております。でもね飛行艇ってカッコ良いんですよ! 模型映えするんですよ! というわけで今回は「サボイア マルケッティ S.55」を作ります!

長谷川迷人|東京都出身。モーターサイクル専門誌や一般趣味雑誌、模型誌の編集者を経て、模型製作のプロフェッショナルへ。プラモデル製作講座の講師を務めるほか、雑誌やメディア向けの作例製作や原稿執筆を手がける。趣味はバイクとプラモデル作りという根っからの模型人。YouTubeでは「プラモ作りは見てナンボです!「@Modelart_MOVIE」も配信中。

 
■ ■赤き飛行艇の時代
タイトルだけみたら、映画『紅の豚』に登場するポルコ・ロッソの愛機「サボイア S.21」を作るのかと思っちゃいますよね。でも残念。劇中の「サボイア S.21」は架空の飛行艇ですが、今回製作するのは1920年代に実在した「サボイア マルケッティ S.55」です。でもこの飛行艇『紅の豚』劇中でも登場しているんですよ。ラスト近く、ポルコとカーチスが勝負をしている小島に出動してくるイタリア空軍の飛行艇がS.55です。

ちなみに1920年代当時、高速機は陸上機より水上機(飛行艇)が多かったのはなぜかご存知ですか?

当時の飛行機は離着陸距離を短縮できるフラップなどの高揚力装置がまだ装備されておらず、スピードを追求すると離陸には舗装された長ーい滑走路の必要になってしまいました。しかし飛行艇ならば広大かつ障害物がない水面を滑走路代わりに利用できるというワケです。大きなフロートや艇体は空力的には不利でしたが、水面を滑走路代わりに使うことでスピードの出る機体を採用できたという理由があったワケです。

▲達人自宅の廊下にかかるサボイアS.13飛行艇のイラスト。25年ほど前にローマの蚤の市で見つけて購入したもの。サボイアの飛行艇は赤が良く似合うのだ

 

■ ■サボイア マルケッティ S.55
飛行艇とはいえ、S.55はかなり独創的なスタイル。キットは記録機仕様ですが、本来はイタリア空軍の爆撃機です。双胴の艇体と分厚く全幅が24メートルにもなる主翼を持ち、操縦席は主翼前縁部分にあります。主翼上部にエンジン用のやぐらが組まれ、12気筒500馬力のエンジンをプッシュプル方式(縦に並べて搭載)で2基搭載。尾翼は艇体から後ろに伸びたブームの先端に配されています。

初飛行は1923年(大正12年!)8月。こんなスタイルながら安定した性能で、爆弾や魚雷を積んで最高速度279km/hで3500キロを飛ぶことができました。

1931年と1933年、当時のイタリア政権は、自国の工業力を誇示する目的で、空軍大臣イタロ・バルボに率いられたS.55の24機編隊をイタリアのオルベテッロからアメリカ合衆国のシカゴまで飛行させています。また大西洋航路では民間タイプのS.55が最大10人の乗客を運べる旅客飛行艇として運航されていました。

第二次世界大戦が始まると軍用型が実戦に投入されましたが、時代遅れですぐに退役させられています。

にしても、むき出しのフィアットA.22Rエンジンとオープンコクピット。時代を感じさせますが、パイロットの頭上でプロペラが回っているのって、緊急脱出時とかすごく危なそうな配置ですよね(当時はこうしたエンジン配置の機体が多い)。

 
■ ■サボイアっつったら赤い機体でしょ!
今回製作したのは軍用機仕様ではなく、記録機仕様のS.55です。作例は、1927年ブラジルの名パイロット、ジョアン・リベイロ・デ・バロスが太平洋横断で使用した赤いS.55ジャウー号をチョイスしました。「サボイアっつったら赤しかないでしょう!」という編集部からのリクエストで赤い塗装に決定(笑)。

キットには1927年2月13日〜6月16日にかけて、セネガルのダカールから大西洋を越えて南北アメリカ大陸の飛行を行ったサンタ・マリア号のデカール(銀塗装の機体)も付属しています。

▲付属デカールは、今回選んだブラジル人パイロット、ジョアン・リベイロ・デ・バロスが太平洋横断で使用したジャウー号(赤い機体)と、イタリア人パイロット、フランチェスコ・デ・ピネードが太平洋横断で搭乗したサンタ・マリアI号とII号(銀の機体)が付属しており任意で選べる

▲同じドラウイングスから発売されている爆撃機型S.55のキット

 
■ ■キットの製作
1/72スケールで翼幅が33cmにもなるサイズなのですが、箱が意外に小さい。開けてみたら主翼は3分割、艇体も三面合わせで組むなど見事にバラバラ。エンジンはレジン製で、細部までよく再現されています。これにエッチングパーツを組み合わせることで、細部まで精密再現を果たしています。

キットは、組みにくくはないのですが、エッチングパーツの処理など、一定の工作スキルは必要になります。第1回となる今回はエンジンと左右の艇体を製作しました。

▲キットのパーツ構成。B5サイズの箱にみっちりパーツが収まっている。レジンパーツのエンジンにエッチングパーツ、記録機用のキャノピー(右下)は薄い塩ビ板から切り出す。言うところのマニア向けマルチマテリアルキット

▲やたらゲートが多…

関連記事(外部サイト)